CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Kez YM - Live at Grassroots (Family Tree:FT005) | main | Joshua Iz - It Iz What It Iz (Vizual Records:VIZLP1C) >>
Surgeon - Breaking The Frame (Dynamic Tension Records:DTRCD2)
Surgeon - Breaking The Frame
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
一方では日本のテクノポップユニット・Perfumeを愛し、そして本業では無慈悲なテクノ外科医を務めるAnthony ChildことSurgeon。ハードテクノ、いやインダストリアルテクノの真打ちが12年ぶりに自身のDynamic Tensionよりアルバムをリリースさせました。12年ぶりとは言いながらもその間にも常にEPは出していたし、日本にも何度も訪れてDJ/ライブを行っていたので特に久しぶりと言う事でもないのですが、しかしアルバムと言うフォーマットにおける本作品の完成度は予想を越えた物でした。幕開けは予想外にビートレスのメタリックな音響系テクノから始まりますが、ここからして既に荒廃した雰囲気に包まれるSurgoenの凍てついた世界観が拡がります。そして次からは皆様お待ちかねのハードなテクノの開始。金属的な質感を全面に出したインダストリアル臭は当然ながらも、ソフトウェア音源中心なのだろうかかなり鋭く研がれた音はまるでカミソリの様。かつてのザクザクとした鉈の切れ味で雑な暴力感を出すのではなく、カミソリの鋭角な刃で裁断されるように緻密で正確なビートが刻まれ、重量感や密度に頼らないハードな音楽性を打ち出しています。緻密に抑制されたマシーナリーなグルーヴ、しかし躍動感を失わない鞭の様なしなやかさも兼ね備え、これこそDynamic Tensionとも呼ぶべき物なのでしょう。アルバムはリスニング系とダンストラックがほぼ交互に連なっておりますが、リスニング系の曲に関しても決して箸休めな作品でもなく、Surgeonの狂気を帯びた抑圧感がリスナーをアルバムの世界に閉じ込めるでしょう。容赦も情けも一切無しの男気溢れるハードなテクノ、流石にSurgeonは別格でした。

試聴

Check "Surgeon"
| TECHNO8 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
ご無沙汰です

まちゅさんのページ 僕のフェイスブックでリンクさせてもいいですか??
| michoru | 2011/06/21 11:04 AM |
>michoruさん
こんにちは。

ブログは公開性なんでご自由にリンクして頂いて問題ないですよ。宜しくお願いします
| マチュ | 2011/06/21 12:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Breaking the Frame : Surgeon
Breaking the Frame : Surgeon ハードミニマル原理主義者の法王として君臨し続けるSurgeon。無慈悲に空間を繰り刻む音を作り続ける男は、いかにも冷徹そうで知的な雰囲気を醸し出している風貌 だ。この男はどんなことがあろうとも、己
| Yokohama Beat Junkie | 2011/07/09 5:22 PM |
Breaking The Frame / Surgeon
日本贔屓で知られる外科医 Surgeon のニューアルバム。なんと、アルバム仕様でのリリースは 11 年ぶりだとのこと。まあ、その間、Mix モノとか、いろいろやってるし。えーと、まあ、一言で言うと、彼特有のハードなミニマル・テクノが満載といったところでしょうかねえ
| 音盤収集病患者の館 − 裏 MDRH | 2011/08/15 8:45 PM |