CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Funk D'Void - DOS (Soma Quality Recordings:SOMA CD23) | main | K.F.re-presents CALM - Bathing in Sunshowers (Music Conception:MUCOCD-009) >>
2005/04/28 Standard 1 in association with REEL UP @ WOMB
遂に来たるべき日が来てしまいました…一年ぶりのWOMBですよ。例え大物が来ていようとも行かない様に避けていたWOMBですが、Funk D'Voidのライブ出演の為に行ってしまいました。不安にかられながらもライブを楽しみに早足で渋谷のホテル街を駆け抜けます。WOMBの入り口に着くと…あれ?全然お客さんがいない。すんなり中にはいるとガラガラ…どうなってるんだろう?まあいいや、WOMBが久しぶりに心地よいぞ!

12時半頃に到着したのでまだ前座の人かな?ビールをぐびぐび飲んで、ポコチンが揺れる程度に小刻みに振動する僕。ん〜しかしつまんねープレーだな。なんか卓球とかTASAKA系のプレイだぞ?と1時位まであまり盛り上がらずに傍観。ところが1時過ぎからバリバリ上げてきました。DJは交代していないので、どうやらBryan Zentzがプレイ中だったようです。ヒップホップのビートやらも混ぜてズンドコ節で上げていき、後半には「D-Clash!!!!」を投下してフロアも大盛り上がり。Intec系の綺麗目テクノとかも回し、2時近くではかなりのハードグルーヴテクノでしっかり楽しませてくれました。多彩なビートを操り、彼の音楽性の広さを感じる事が出来るプレイでしたね。Bryan Zentzのプレイ中、最前線にFunk D'Void待ちのオタが数人集合。待っているのは構わないけど、最前線にいるなら棒立ちじゃなくて踊れと思います。踊らないなら後ろで待っていて欲しいです。
2時にはキーボードやらMACやらを携えたFunk D'Voidが登場!うぉ、フロアも結構混んできたぞ。最初はSE風の「5 To 12」?から始まったのかな?これからの盛り上がりを期待させる様な、壮大な幕開け。そして早速「Emotional Content」が!!おおぉぉぉ、ビューティフルウゥゥ!あまりにも美しすぎる!プリミティブなシンセがフロアを包み、会場が幸せに満ちている。熱気に包まれているのに、余りの美しさに背中にはゾクゾクとした感じが出て来て、一人悦に浸る僕。Funk D'Void自身もノリノリで体を揺らして演奏しているではありませんか!その後はブレイクビーツ風やら、ハードグルーヴテクノやらをテンポよく演奏。縦のりと言うよりは、横のりのグルーヴでじっくり聴かせつつも踊らせてくれました。時折美しいシンセを被せたりしていたけど、あまり露骨にはシンセ音は出していなかった様な気がします。だいたいは最新アルバムからの曲だった気がするけど、あまり分からなかったですね。「Jack Me Off」とかはやったかも。「Diabla(Heavenly Mix)」とか「Mispent Years (Funk D'Void Mix)」も演奏される事を期待してたのですが、残念ながら無し。きっかり1時間やって3時にKen Ishiiと交代です。

Kenさんに関しては特に語る必要が無いくらい、いつもの様に素晴らしいプレイでしたね。最初から「808 State-Pacific」→「69-Jam The Box」→「69-Rushed」?→「Joris Voorn-Shining」でお祭りセット。彼以外がプレイしたら確実に叩かれそうなセットです(笑)。ゲストのBryan Zentz、Funk D'Voidよりも目立ったプレイをしていますが…大目にみましょうか。その後もいつも通りの大ネタ使用なんで、省略。

今回はWOMBにしてはそんなに混んでいる事もなかったので、快適で楽しかったですね〜。各アーティストも十分に堪能する事が出来ました。ただ相変わらずWOMBのサウンドシステムはしょぼかったです。音は薄いし、音圧もないし、音も小さい。周りのホテルから苦情が来るので音を大きく出来ないらしいけど、とっとと引っ越しをして欲しいですね。

さてFunk D'Voidが気に入った人には以下のアルバムがお勧めです。美しいシンセが聴きたければ、是非これをっ!余りにも壮大で余りにもエモーショナルな一枚です。

Funk D'Void-Volume Freak
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT1 | 15:13 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 15:13 | - | - | |

コメント
あー、行けば良かったぁー!

てか、1日日付を間違えてて、今日だと思ってたんですよ。
で、フライヤー見たら、あぁ昨日だったのかよ・・・orz、って感じでした。

ホントにしまったなぁ・・・
| yota3000 | 2005/04/29 4:00 PM |
>yota3000さん
ありゃー残念ですね。意外にもGWで他にも色々イベントが
あるせいか、結構空いてたんですよね。

ファンクさんのエモーショナルコンテントだけでも
最高って感じです。

リッチーホーティンとかも空いてたら行きたいですけどねー…
| マチュ | 2005/04/30 10:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/249
トラックバック