CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Linkwood - From The Vaults Part 1 (Prime Numbers:PN10) | main | Esteban Adame - East Lost Luv EP (Underground Quality:UQ-038) >>
仙禽 木桶仕込み山廃純米 袋しぼり無濾過生原酒 愛山80
仙禽 木桶仕込み山廃純米 袋しぼり無濾過生原酒 愛山80 表
楽天で見る


例の如く味ノマチダヤで購入した特約店専売の日本酒。最近個人的にはまっている日本酒の一つ、仙禽。流通量が少ないので都内だと購入出来る店が限られておりますが、この日本酒こそ普段日本酒に苦手意識を持っている人にお薦めしたい一品。以前にも純米吟醸(過去レビュー)や山廃純米火入れ(過去レビュー)を紹介しておりますが、今回は山廃の生バージョン&米には愛山と言う種類を使用した新作。仙禽はあまずっぱいと言うコンセプトをスピリッツに新たなる日本酒を開拓している酒蔵ですが、この愛山を使用した新作も見事にそのスピリッツを受け継いでいると言えるでしょう。グラスに注いでみるやいなや、いきなりマスカットかと思うほど爽やかな芳ばしさが拡がるのはやはり生酒だからでしょうか。そして不思議なのは日本酒と言うのは質を高くする為に精米歩合を低める(米を削る割合を高める)のに、この山廃シリーズは敢えて精米歩合を80%に抑えている事。その精米歩合から生まれた日本酒は、実に複雑な味わいと強いボディを持った、つまりはパンチの効いたお酒なのです。最初はまるで梅酒かと思う爽やかな酸味と上品な甘みが口に充満しますが、そこからレーズンの様な濃いコクがあり、そしてすっと甘みは素早く消えていきアルコールのふくよかな余韻だけを残します。ボディがしっかりしているのでチーズや肉類、または独特な味のある珍味にも負けずに共生出来る面もあります。酸味、甘味、旨口のどれもが主張しながらもすっきりする後味を持った仙禽は、日本酒界隈の輝ける新星なのです。ちなみに木桶で仕込まれた酒は繊維が長い和紙ラベルを使用していたり、袋しぼりは特約店のみの卸だったり、仙禽はレアな流通をしている模様。

仙禽 木桶仕込み山廃純米 袋しぼり無濾過生原酒 愛山80 裏

仙禽のアナザーワールドへようこそ。
仙「菌」は特殊なウイルスで、
感染するとこれまた厄介らしいですよ。
あまずっぱいお酒。
くれぐれも中毒には御注意を。
−仙禽のラベルより−
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2499
トラックバック