CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2011/07/15 Instant Dub @ Oath | main | 薩摩ビール ヴァイツェン >>
John Beltran - Ambient Selections 1995 - 2011 (Delsin:88dsr/jbn-cd1)
John Beltran - Ambient Selections 1995 - 2011
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
素晴らしい、本当に言葉を失う程に素晴らしいベストアンビエントセレクション。真夏の到来と共にやって来たむさ苦しい真夏の為のカンフル剤とも言える。John Beltranは若かりし頃にデトロイトテクノに影響を受け、Carl Craigの伝説的なレーベル・RetroactiveからPlacid Angles名義で衝撃的なデビューを飾る。初期はデトロイトテクノやアンビエントに影響を受けたテクノをR & S RecordsやPeacefrog Recordsからリリースするも、その後はジャズやラテンなどの有機的な音楽へと矢先を向けてしまった。勿論創作性の高い彼ならではのラテンジャズの楽曲でもヒット作は出していたものの、世界各地での音楽活動に疲れた彼が最終的に求めたのはアンビエントであった。そして今だ、彼のアンビエントな楽曲を網羅したコンピレーションが届けられた。タイムレスと言う言葉が相応しい、そう16年間の歳月を全く感じさせない普遍的かつ夢見心地で郷愁を帯びた微睡みのアンビエント。雲一つ無いクリアブルーな空が脳内に拡がるドリーミーな音色に、身も心も全てを委ねて解放されるべき音楽。只のビートレスでだらしない音を垂れ流すBGMでもなく、宗教的で胡散臭いヒーリングとも違う、エレクトロニクスと生演奏の両方を通過してきたからこそ成し得る有機的なデジタルソウルを奏でる芳醇なアンビエント。心身の隅々まで洗われるようにピュアな音が血潮に乗って体を循環し、気怠いこの夏に於いても貴方の心を癒してくれるであろう傑作だ。

試聴

Check "John Beltran"
| ETC3 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 17:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2500
トラックバック