CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Deadbeat - Drawn And Quartered (BLKRTZ:BLKRTZ001) | main | 2011/7/8 Hi-TEK-SOUL @ Air >>
The Martian - Techno Symphonic In G (Red Planet:RP14)
The Martian - Techno Symphonic In G

もう既に途絶えていたかとさえ思っていたRed Planetから舞い降りた火星人=Mike Bnaksの物語。ネイティブ・アメリカンの血を受け継ぐBanksがルーツでもあるインディアンの文化を開拓すべく、深い精神世界を伴って続きてきた宇宙旅行は、6年ぶりの復活で遂にGalaxy 2 Galaxyとも邂逅を果たした。その曲こそ"Techno Symphonic In G (Unbreakable Spirit Of A City)"、意訳すれば「重力下におけるテクノ交響曲(デトロイト都市の不滅の魂)」と言ったところか。G2G名義の演奏ではあるものの、中身に関して言えば火星人のロマンティックなエレクトロファンク節は健在で、ブイブイと身を引き締めるファンキーなベースラインと長い旅情の果てに生まれる感動的なシンセストリングスの絡みはこれぞRed Planetシリーズの音と言える物。確かにエレクトロニックなテクノではあるが、それ以上に黒人由来のファンクネスが溢れている事がBanksにとっては意味のある事なのだろう。そして裏面には獰猛な闘争心が掻き立てられるトライバルな"Reclamation"、切れ味のあるチョッパーベースにSF的なパルスを被せた"Resurgence (Dance Of Spring)"と、どちらもタイトル通りにRed Planetの"復活"を表現している。もしかしたらまたこれを機に火星人は長い眠りについてしまうかもしれない。それでも彼の音楽の旅は、永遠に続いていくのだろう。

試聴

Check "Underground Resistance"
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック