<< Nic Fanciulli, Joris Voorn & Mark Fanciulli - Together / The Tide (Rejected Music:rej015) | main | Global Communication - Back In The Box (NRK Music:BITBCD05) >>
Robert Hood - Omega Alive (M-Plant:M.PM12CD)
Robert Hood - Omega Alive
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
元Underground Resistanceにして同じくメンバーであったJeff Millsと双頭を成す生粋のミニマリスト・Robert Hood。昨年は7年ぶりとなるアルバム"Omega"(過去レビュー)をリリースし今尚ミニマルテクノを頑なに守る存在をアピールしましたが、新作は今までの集大成とも言える初期作品から新作までを含む臨場感のあるライブアルバムです。盟友であったJeff Millsは何時の間にか宇宙志向なテクノへと身を捧げてしまいましたが、このHoodの進む道は愚直なまでのミニマルテクノ。偏にミニマルテクノと言っても音の幅は多少あるのですが、Hoodが聴かせるミニマルは温度感の無い冷たいマシンビート全開で、無駄な装飾を一切排したストイシズムを貫く硬派な音は、これぞテクノと言うべき言葉が相応しく感じられます。正直に言えばここにある音にシーンの最先端なモードは感じられず、むしろ古き良きアナログのオールドスクールな音は彼が初期から殆ど変わっていない事を示しています。これを聴けば彼が如何にトレンドと無縁で自分の道を突き進んできたか理解出来るでしょうが、20年以上にも渡って変わらないスタイルを貫く事は並大抵の精神力では出来ない事だと思います。ファンキーと言うよりは平坦さを生かしたクールなグルーヴに機械的なテクノのスピリットを感じてしまう訳ですが、音数が絞られた分だけ少ない音にも強靭さを感じられるタフなミニマルで、それは彼のミニマルテクノへの姿勢その物なのでしょう。

試聴

Check "Robert Hood"
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2512
トラックバック