CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< About Group - Your No Good (Theo Parrish Translation) (Domino Recording Company Ltd.:RUG397T) | main | 2011/07/22 root & branch presents UBIK @ Eleven >>
Motor City Drum Ensemble - DJ Kicks (Studio !K7:!K285CD)
Motor City Drum Ensemble - DJ Kicks
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
タイコクラブへの出演が決まっていたにも拘らず、東日本大震災の影響で来日がキャンセルとなったMotor City Drum EnsembleことDanilo Plessowでしたが、その穴を埋めるには十分な作品がリリースされました。Studio !K7の長らく続く名物MIXCDシリーズの最新作としてMCDEが抜擢された訳ですが、これが予想以上に幅広いジャンルを詰め込でおり、まるでダンスミュージックの歴史を掘り返すと言っても過言ではないような気がします。年代で言えば1977〜2011年までの34年を横断し、Sun Raのスピリチュアル・ジャズで始まりRhythm & Sound(Basic Channel)のレゲエで黒い泥沼に嵌り、Mr. Fingers(Larry Heard)の垢抜けないローファイな初期シカゴハウスの温もりに包まれる。そしてFred Pの華美なディープハウスもあればRobert Hoodの芯の強いミニマルテクノも通過し、笹暮だったファンキーなMotor City Drum Ensembleの新曲の後にはAphex Twinのメタリックなアンビエントで冷水を浴びせられる。ラストにはフュージョン・ソウルの傑作"Sweet Power, Your Embrace"が待ち侘びて、ほっこり酸いも甘いも噛み締めるボーダレスな選曲。しかし特筆すべきはMCDEが創り出す世界観の統一で、年代に差はあれど根底にはブラックミュージックの生温かい血潮が通っており、ジャンルとしての多彩さは感じられてもその幅の広さ程には違和感が無い事にMCDEの音楽への造詣の深さが伺えます。色々詰め込み過ぎてクラブ直結MIXCDと言うよりはコンピレーション的な印象もありますが、どんな音も黒く染め上げる手腕はTheo Parrishとも通じる物があり、ビートダウンな展開をじっくりと味わえる好内容ですね。

試聴

Check "Motor City Drum Ensemble"

Tracklistは続きで。
01. Sun Ra / Door To The Cosmos
02. Electric Wire Hustle / Again (Scratch 22 Remix)
03. Rhythm & Sound / Mango Drive
04. Tony Allen / Ariya
05. Peven Everett / Stuck (Original)
06. Bad Jazz Troupe / Breakdown Treat (Dusty Rework) (MCDE Edit)
07. Mr. Fingers / The Juice
08. Rick “Poppa” Howard / Can Your Love Find It's Way (Club Vocal)
09. Stone / Girl I Like The Way That You Move (Dub)
10. Fred P. / On This Vibe
11. Creative Swing Alliance / Don't Forget Your Keyz
12. Geraldo Pino & The Heartbeats / Black Woman Experience
13. Philippe Sarde / Le Cortège Et Course
14. Robert Hood / The Pace
15. Loose Joints / Pop Your Funk (Vocal Version)
16. Arts & Crafts / I’ve Been Searching (Walter Gibbons 12" Mix)
17. Motor City Drum Ensemble / L.O.V.E.
18. Aphex Twin / Actium
19. Recloose / Cardiology (Isolée Mix)
20. Latecomer / Cosmic Cart
21. Timo Lassy / African Rumble
22. James Mason / Sweet Power, Your Embrace
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
マチュさん、はじめまして

ちょくちょく読ませてもらっています。このミックス聴いてると確かに黒いな〜って思いますね。一回生でDJ観てみたいですね。
| ちんちくりん | 2011/09/05 3:11 AM |
>ちんちくりんさん
はじめまして。ご覧頂きましてありがとうございます。

MCDEはデトロイトのビートダウンに影響を受けながらも、MCDEの音も感じられるし期待度は高いですね。
DJ聴きたいのですが、この人キャンセルが結構多いんでそれが悩みどころです。
| マチュ | 2011/09/05 2:21 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2514
トラックバック
DJ Kicks / Motor City Drum Ensemble
約半年ぶりに DJ Kicks のレヴューを。今回登場するのは、Motor City Drum Ensemble。何だか、名前からしてデトロイトっぽいが、実際はドイツの人らしい。 Motor City Drum Ensemble こと Danilo Plessow はわずか 6 歳からジャズドラムを叩き、11 歳でコンピューター
| 音盤収集病患者の館 − 裏 MDRH | 2011/08/18 9:47 PM |
MOTOR CUTY DRUM ENSEMBLE - DJ KICKS
 2011年に聴いたミックスの中で暫定1位なのが、Motor City Drum EnsembleによるDJ KICKSだったりする。そこまでの派手さはないけど、飽きさせない展開とほのかなトライバル感あって、一旦プレイしたら最後まで聴いてまう。ちなみにレコードだと楽曲はセパレート仕様で
| Aso Parade | 2011/09/05 3:07 AM |