CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2011/07/22 root & branch presents UBIK @ Eleven | main | Nic Fanciulli, Joris Voorn & Mark Fanciulli - Together / The Tide (Rejected Music:rej015) >>
Ron Trent - Scientific Methods Of Storytelling Vol.1 (Future Vision Records:FVRCD02)
Ron Trent - Scientific Methods Of Storytelling Vol.1
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
現在のシカゴハウスの隆盛は一体何処まで続くのか。その原動力の一端にもなっているのがRon Trentであるのは、間違いないだろう。先日シカゴハウスの伝説的ディープハウスレーベルであるPrescription Recordsのコンピレーション"From The Vaults"(過去レビュー)をリリースしたが、今度は5年ぶりとなるMIXCDを完成させた。しかしこの新作はMIXCDである前に、彼がPrescriptionの意志を受け継ぐべく立ち上げたレーベル・Future Vision Recordsの作品をコンパイルしたレーベルサンプラーでもある。元々オリジナルアルバムは殆ど制作しないだけに、ここ6年間にリリースされた彼のアナログ作品を纏めた本作こそが、近年のRon Trentのトレンドを体感出来る作品なのだ。音自体はPrescriptionを受け継ぎ、爽やかに突き抜けるパーカッション使いやコード感のあるピアノやシンセの調べ、ダブやアンビエントの影響下にあるアトモスフェリックな音響が感じられる華麗なディープハウスで、適度な黒っぽさもありつつも洗練されたアーバンなムードが漂っている。アフロ、フュージョン、ジャジーなど様々な黒人音楽の要素を取り込みながらも、結局はRon Trentにしか成し得ない侘び寂びに満ちた郷愁たっぷりなディープハウスは、クラブミュージックと言う枠組みを超えて評価されるべきであろう。音楽活動20年を経てこんなにも芳醇に醗酵するとは、正に円熟味ここに極まる。

試聴

Check "Ron Trent"

Tracklistは続きで。
1. Sex Games
2. Open Road
3. Out There - By Trinidadian Deep
4. Way It Use To Be
5. Pressure Release
6. Love To The World (Reprise)
7. Love To The World
8. Sensation - with Eric Rico
9. Jazz Funk Freedom
10. CE100
11. How Do You Love
12. Space Dance
13. When The Drum Call
14. Yourba Path - By Trinidadian Deep
15. Deep Blak'd - By Aybee
16. Island Ju Ju - By Trinidadian Deep
17. Luna
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2516
トラックバック