CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< STEREOCiTI - Kawasaki (Mojuba:mojuba cd 1) | main | Gerald Mitchell - Resurrection 2011 Remix (GMi:GMi-001) >>
2011/08/12 SONICMANIA @ 幕張メッセ
普段クラブばかり行って大型フェスには行かない自分ですが、今年はPrimal Screamの"Screamadelica"誕生から20周年。その記念の一環としてバンドは"Screamadelica"ライブツアーを行っており、日本にも来る事になったのでこれ目当てにSonicmaniaへと行ってきました。まあ最初に結論を言うとSonicmaniaと言うフェス自体は正直つまらなかったな〜と言う気持ちです。
先ずはお目当てのプライマルの"Screamadelica"ライブセット。これだけはどうしても良い音で聴きたかったので、ライブ前からステージの前の方に待機して何とか場所を確保しました。この特別なライブへ期待を寄せる人も多かったのか、ステージ前から後方まで人混みでびっしり。そして時間きっかりにメンバーが登場すると、アルバムと同様の流れで"Movin' on Up"からライブはスタート。ノーザンソウルへと向かう黒いグルーヴが響き渡り、出だしからもう熱いソウルが立ち込める。そしてそこからレイヴへと流れこむハウスの"Slip Inside This House"、Mary Pierceの妖艶でファットな歌声が特徴的なクラブアンセム"Don't Fight It, Feel It"で身も心も沸き踊る。Bobby Gillespieは早速歌を放棄してその代わりにマラカスを振り、これこそ輝かしいSecond Summer of Loveのダンスの時代の到来。バックに流れる映像もエクスタシー宜しくな酩酊感の強いドロドロな物で、音楽と完全にマッチしておりました。ただ残念な事に予算の関係だろうけれど、ホーンセクションは一人のみでゴスペル・クワイアもおらず、海外と同様の完全セットではありませんでした。なので内なる心の旅である"Inner Flight"等の披露は無しでちょっと残念。しかし"Higher Than The Sun"からの流れは完璧で、まずはスペースダブで覚醒の泥沼に嵌りつつ後半はノイズまみれのカオスへと遷移し、そして至福のパーティーチューン"Loaded"ではまたもBobbyはマラカスを振りつつ会場を絶対的な幸福へと引き込んでおりました。そしてラストには皆の心が一緒になった"Come Together"。前半パートはAndrew Weatherallのゴスペルバージョンで、途中からアコギのアルペジオが心地よいTerry Farleyのバージョンに雪崩込み、最後には"Come Together As One"とお客だけでの大合唱が始まり会場が一つになった瞬間がありました。"Screamadelica"ライブはこれで終わりかなと思ったら、そこからロック系のヒット曲3曲を披露。明らかにお客のテンションがそれ以前より高く、自分の中であっれ〜?と言う気持ち。ぶっちゃけロックの曲はやらないで"Come Together"で綺麗に終わらせた方が良かったと思いました。自分の中では"Rocks"とか"Jailbird"はプライマルの汚点だと言う認識です。

Set List
1.Movin' on Up
2.Slip Inside This House
3.Don't Fight It, Feel It
4.Damaged
5.I'm Comin' Down
6.Higher Than The Sun
7.Loaded
8.Come Together
9.Country Girl
10.Jailbird
11.Rocks

そんなこんなでプライマルのライブを満喫してそそくさと移動しようとするも、民族大移動が凄い。会場がごちゃごちゃになって、しかもドリンク買うのも大行列。仕方ないからフロアを一旦出て廊下の自販機でドリンクを買うはめに。ドリンクバーは3つあるんだけど、24時になったらその内の2つはクローズする不可解な仕様で、ドリンクが全く買えない。そして兎に角人が多過ぎる。勿論幕張メッセ自体がどでかいからそんなに不快な状態でもないけれど、ゴミ箱の場所が少ないせいかゴミのポイ捨てが多いし、物販も買えないしで、ちょっとチケット捌き過ぎじゃないですかね。そんな事もあってかそれ以降はなんか音に全然のめり込めず、朝まで冷めた状態でだらだら音を聴く事に。

Underworldは流石に今でも人気があるのか、メインステージフロアには本当に凄い密度で人が集まっておりました。出だしはRez/Cowgirlで始まるも、自分の場所が悪いのか?音がなんだかもっさり…。スピーカーも前方にしかないから、後方に居るとそんなに大きくは聴こえないし迫力無いぞ。その上アレンジが悪いというか音が古臭くて非常にださく、それならオリジナルをそのままプレイした方がええんちゃうかと言う感じ。かつては時代の先端に居た彼等も新作をリリースする毎に質は落としているし、今回のライブもなんだか歳をとって時代に取り残されたな〜と言う印象でした。VJもかつて程に斬新な物じゃなくなってましたね。意外にも初期の名作プログレッシヴハウス"Spikee"をやってくれたのは嬉しかったけど、退屈だったので半分位まで聴いてUnderworldは退散。

暇だったのでステージを移動してDepeche ModeのメンバーであるAndy FletcherのDJを聴く事に。こちらは意外にもなかなか良かったと言うか、ニューウェーヴを通過したエレクトロハウス的なボーカルトラックを連発していて、どこか妖艶なのにポップさもある4つ打ちセットでした。ちょっとド派手過ぎる気もするけれど、ロック系のフェスの客を踊らせる音だとああなっちゃうんでしょうね。最後にバキバキなバージョンの"Personal Jesus"をプレイしてくれて盛り上がりましたよ。

最後にHACIENDAの意思を受け継ぐNew OrderからPeter HookのDJ。ま〜この人も兎に角派手で大衆的と言うか、普段クラブでダンスミュージック聴いている自分からはちょっと引く位のノリノリなプレイでした。自分的にはもっとマッドチェスターレイヴオン的な選曲を期待していたけれど、"Blue Monday"ネタのエレクトロハウスとか"Song 2"のハードテクノバージョンとか、ビッグ・ビート(死語)っぽいのを凄い勢いで繋げて行くんですわ。会場は盛り上がっていたと思うけれど、DJプレイもお世辞にも上手くはないし(最初から分かってるけどよ〜)、只単にイケイケに曲かけてるだけって感じを受けました。まあそれがPeter Hook、延いてはNew Orderの醍醐味でもあるのである意味成功なのかも(笑)。名曲"Atmosphere"も派手に味付けされたバージョンを流すし、終盤の"Blue Monday"や"Love Will Tear Us Apart"もイケイケなダンスバージョンで、ちょっと拍子抜け。もっとオリジナルに忠実なHACIENDA的プレイを聴きたかったです、はい。

久しぶりに大型フェスに行ったけど、疲れたね…。

■Primal Scream - Screamadelica(過去レビュー)
Primal Scream - Screamadelica : 20th Anniversary Limited Collectors Edition
Amazonで詳しく見る(US限定盤)
 Amazonで詳しく見る(US通常盤) Amazonで詳しく見る(日本限定盤) Amazonで詳しく見る(日本通常盤)

■Primal Scream - Screamadelica Live(過去レビュー)
Primal Scream - Screamadelica Live
Amazonで詳しく見る(スペシャル・エディション)
 Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT3 | 09:00 | comments(4) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | |

コメント
はじめまして。
僕もソニックマニア行ったんですが、正直聴きどころはプライマルスクリームしかなかったですね。ボビーが見れて満足って感じでした。
Underworldはすごい人気でしたが、ヒット曲ドーンって感じでいまいちでした。はまってた頃だったら楽しかったんでしょうけどね。
そして仰るとおり人が多過ぎ。
総じてつまんないイベントでした。
わざわざ夜中にやるならもう少しやりようがあるでしょと感じました。

ブログの更新楽しみにしてます!
| sobuunderground | 2011/08/13 8:10 PM |
>sobuundergroundさん
はじめまして。
自分はScreamadelica至上主義なんで、それだけ聴ければ良いや〜と言う思いで行ったので、まあOKでした。
Underworldはやっぱり良くも悪くもフェス向けの音楽なんで、まああれはあれで良いのでしょう。

夜中の遊びはやっぱりフェスよりは、自分はクラブの方が楽しめるなと再度感じたソニックマニアでしたね
| マチュ | 2011/08/14 9:43 PM |
お疲れ様でした。
今回のソニックマニアはひどいこと尽くしでしたね…Underworldはこれじゃない感が酷くて聴いてられませんでした…
個人的には今度は単独でスクリーマデリカライブが見たいです!正直あの場にラスト3曲で本編以上に盛り上がる客層はいらなかったと思います…。
| Acperience33 | 2011/08/18 6:03 PM |
>Acperience33さん
こんにちは
元々自分はプライマルだけ聴ければ良かったけど、それでもちょっと自分の中では盛り上がるに欠けるフェスでした。

プライマルのラスト3曲はファンサービスなんだろうけど、正直やらなくて良いと思います。
プライマルも活動歴が長いし、Screamadelicaではまったお客さんとそれ以降のお客さんとで音の好みに差があるんでしょうね。

でもま、Screamadelicaライブが聴けたのは本当に良かったですよ
| マチュ | 2011/08/19 8:07 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2538
トラックバック
SONICMANIA 2011
2011年8月12日21:00から幕張メッセで開催されたSonicmaniaに行ってきました。 会場近くの駐車場に車を停めて、ゲートに入ろうとすると長蛇の列。もう既に21:00を回っており、ちょっと興味があったHaciendaを再現したDJが始まっている。あろうこ
| Yokohama Beat Junkie | 2011/08/13 9:04 PM |