CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Calm - Sunset Lounge (Grand Gallery:XQKF1011) | main | DeepChord - Hash-Bar Loops (Soma Quality Recordings:SOMACD091) >>
Hiroshi Watanabe - Isolated Soul (Undertone Recordings:UDTR-001)
Hiroshi Watanabe - Isolated Soul
Amazonで詳しく見る(MP3)

2010年、札幌で旗揚げしたデジタル配信でテクノをリリースするレーベル・Undertone Recordingsが、突如としてアナログ盤のリリースに着手。その第一作目はKaito名義でも世界で活躍しているワタナベヒロシが新曲を披露。時代、流行に左右されずに自分の音を鳴らす彼らしく、新作でも荘厳な世界観を描き出すディープでメロディアスな作風は健在で、どっしりした4つ打ちのビートにオーロラの様に美しく壮大なパッドが被さるテクノをいつも通りに聴かせてくれます。Kaitoに比べるとよりシンプルに展開も抑えたクラブミュージックとして機能性を打ち出した作風ではありますが、ドラマティックなシンセのリフやしっとりとした音の湿り気には、やはりワタナベさんの熱き魂を感じずにはいられません。そして本作にはリミックスも収録されているのですが、リミキサーに呼ばれたのはなんと井上薫と高橋クニユキ。それぞれが各人の味を打ち出したリミックスを披露しており、これが想像以上に素晴らしいです。クニユキの有機的なパーカッション乱れ打ちな大地の鼓動と共鳴するディープハウスに、井上薫の艶のあるテッキーなシンセを加え切れ味を効かせたテックハウスと、原曲の叙情性を損なわずに自身の味も付け加えたお仕事もオリジナルに負けず劣らず素晴らしい。デジタル配信のレーベルが、敢えてアナログに回帰すると言うのも非常に嬉しいですね。

試聴

Check "Hiroshi Watanabe"
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック