CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2011/09/24 Primitive Inc. presents Chez Damier in Tokyo @ Eleven | main | Dosem - Parallel (Sino:SINO105CD) >>
Brian Eno And The Words Of Rick Holland - Drums Between The Bells (Warp Records:WARPCD214X)
Brian Eno And The Words Of Rick Holland - Drums Between The Bells
Amazonで詳しく見る(限定盤)
 Amazonで詳しく見る(通常盤)
Brian Enoは前衛的なテクノレーベル・Warpとの仕事に気を良くしたのか、前作"Small Craft On A Milk Sea"(過去レビュー)から一年を待たずして再度Warpより新作をリリースした。前作はWarpとEnoの絡みと言う期待には届かない残念な作品であると言う意見は今でも変わらないが、しかし新作では自分の中での不安を掻き消し予想を越えた素晴らしい作品となっていた。この作品に於いてはRick Hollandの詩がEno自身を含め様々な人の様々な声で朗読され、Enoが制作したトラックに掛けわせている。トラックもジャズ、現代音楽、アンビエント、エレクトロニカ、ブレイク・ビーツなど多岐に渡るが前作のような断片的な印象はなく、流れも端整に良く練られており静かな波紋のように音が澄み渡り拡がって行く。時に電子的に加工された人の声や前作以上に電子音への陶酔も深まっているが、そこに無機質な感覚は全くなく、全編を通してほのぼのとした牧歌的とさえ思われる和みが存在している。不快な瞬間など一刻もなく緩やかにポップとさえ思われるトラックが広がり、豊かな色とりどりの声に包まれるように至福の世界へと溶け込んで行くのだ。Enoファンならば限定盤付属のインストバージョンに偏愛するのは想像に難くないが、しかし敢えて詩を歌でなく楽器の一部としての音と認識させる意欲作としての面白さと共に、Enoの静謐な音作りも生きており熟成と挑戦の両者を兼ね備えたアルバムとなった。

試聴

Check "Brian Eno"
| TECHNO9 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
こいつはスゴイ。まったくノーチェックでした。
ポチッときました。thx info
| Shrike | 2011/10/31 3:31 AM |
>Shrikeさん
前作もポエトリーリーディングな作品でしたが、こちらの新作は素晴らしいですよ。必ず楽しめるはず
| マチュ | 2011/10/31 1:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2547
トラックバック
Drums Between The Bells
Drums Between The Bells : Brian Eno and The Words of Rick Holland Small Craft On A Milk Sea(過去レビュー )に続くWarp第2弾があまりにも素晴らしすぎるため、家でも外でも車でもヘビーローテーション中の本作で
| Yokohama Beat Junkie | 2011/09/27 5:11 PM |