CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Chez Damier - Forever Monna (Balance:BR01US) | main | Heartbeat Presents Mixed By Derrick May×Air Vol.2 (Lastrum:LACD0216) >>
Popol Vuh - Revisited & Remixed 1970-1999 (SPV Recordings:SPV 70442 2CD)
Popol Vuh - Revisited & Remixed 1970-1999
Amazonで詳しく見る

かつてはクラウト・ロック(※蔑称している表現)とも呼ばれ評価の低かったドイツのプログレッシヴ・ロックですが、その後はテクノ・ハウスの分野から再評価をされた経緯がある事からも分かる通り、ドイツのロックはエレクトロニクスを駆使し既成概念に囚われない独自の音楽を生み出しました。その点でジャーマン・プログレとテクノの相性は抜群なのですが、ドイツのPopol Vuhと言うプログレ・バンドのリーダー・Florian Frickeの没10年目にして、追悼盤としてテクノ系アーティストがリミックスを提供したコンピレーションがリリースされました。実はFlorian Frickeは初期作品にてムーグ・シンセサイザーを利用していたものの、宗教観にそぐわないと言う理由によりムーグをKlaus Schulzeに売り飛ばしてしまい、それ以降の作品では自然回帰の姿勢でニューエイジ化しました。本コンピレーションの一枚目には70〜99年までの作品が収められているのですが、やはり新しい時代の作品は(特にサントラ曲は)穏やかな酩酊感を感じさせるだけの楽曲が多く、正直な所ジャーマン・プログレの狂った高揚感は無く物足りないのが本音です。しかし二枚目にはリミックスが収録されており、Thomas FehlmannやMika Vaini(Pan Sonic)の重厚なアンビエント、Moritz von Oswaldの研ぎ澄まされたダブテクノ、Stereolabのヒーリング色のあるお洒落なラウンジ系など、こちらはそれなりにアーティスト毎の個性が感じられる電子音楽となっており楽しめるのではないでしょうか。まあ作品の善し悪しを抜きにしても、テクノの原点の一部を知ると言う意味に於いては価値のある作品だと思います。

試聴

Check "Popol Vuh"

Tracklistは続きで。
Planet Side (Revisited)
01. Aguirre I Lacrima di Rei
02. Affenstunde
03. In den Gärten Pharaos
04. Ich mache einen Spiegel
05. Nachts Schnee
06. Eine andere Welt
07. In your Eyes
08. Train through time
09. Nascita
10. Bruder Des Schattens
11. Through Pain to Heaven
12. Kailash: Last Village

Cosmic Side (Remixed)
01. Aguirre I / II (Lacrima Di Rei edit) (Peter Kruder Remix)
02. Schnee (Flow edit) (Thomas Fehlmann Flow Mix)
03. Heart of Glass (Sei Still Wisse Ich Bin edit) (A Critical Mass Remix)
04. Haram Dei Haram Dei (ProgRock Edit) (Alex Barck Remix)
05. Through Pain to Heaven / Kyrie (Edit) (Roland Appel Remix)
06. Nachts Schnee (Ambient edit) (Mika Vainio Remix)
07. Gärten Pharaos (Dark Development Edit) (Moritz von Oswald Remix)
08. Through Pain to Heaven (Dopeful Vuh) (Mouse On Mars Remix)
09. Hosianna Mantra (Lyrics edit) (Stereolab Remix)
10. Aguirre I / II (Endless edit) (Haswell & Hecker Remix)
11. Train through time (long version)
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2548
トラックバック