CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Motor City Drum Ensemble - L.O.V.E. (Remixes) (Studio !K7:!K7285EP2) | main | Dego - A Wha' Him Deh Pon? (2000 Black:BLACKCD007) >>
塩原温泉 元湯 ゑびすや
ゑびすや1

こんにちは、温泉マチュです。たまたま予定も無く連休でもあったので、半年ぶりにリフレッシュを兼ねて温泉旅行に行ってきました。折角温泉行くなら携帯の電波も届かない都会の喧騒から離れた静かな温泉宿が希望だったので、那須塩原の奥地にある"ゑびすや"に宿泊しました。最寄りのバス停からも山道を歩いて4キロ、しかも当宿を含めて3軒しか宿がない本当に秘湯と言う言葉が相応しい温泉地です。宿の人が気を利かして車で迎えに来てくれたので助かりましたが、徒歩で行くのは避けた方が無難でしょう。さて宿の前に着くと…おお〜凄い硫黄の臭いがプンプン!これは期待出来そうです。
ゑびすや2

宿に入ると湯治宿と言うか秘湯宿と言うか、田舎の宿にありがちな熊の剥製がお出迎え。側には酒などの自販機やアイス販売用の冷凍庫がありますが、従業員が言うには余りの硫黄の濃さに機械類が半年程で壊れてしまうそうです。2つある自販機の1つ、そして冷凍庫は故障していて、また部屋にあるTVも頻度に交換するらしい。

ゑびすや3

今回は自炊宿泊かつ一人で宿泊だったので、6畳程の小さな部屋を用意されました。大きくはないけれど一人で過ごすなら問題のない部屋で、電気ポットやTVもあるしのんびり過ごす事が出来ました。

ゑびすや4

宿に着いたら急いで温泉へと駆けこむ。何故ならやはり一人で素晴らしい温泉を満喫したいから。服を脱いで勢い良く浴室へと駆け込むと…ど〜んと木造り浴室の中に木造りの浴槽が2つ。床も壁も浴槽も全て木、木、木だ。多分硫黄の成分が濃いから、木造じゃないとすぐに痛んで修理が大変なのでしょう。そして非常に強い硫黄の臭いが鼻を突く。体感的に分り易い温泉だね。

ゑびすや5

左側には申し訳程度にカランが2つ、しかしシャワーは1つのみ。でも宿泊数の多い宿ではないので、これだけの設備で充分なのでしょう。シャンプとボディーソープも用意されておりました。

ゑびすや6

右側の浴槽は"弘法の湯"と言って塩原唯一の間欠泉。お湯がドバドバ出てきたり止まったり、不定期にお湯が流れ出す。泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、源泉は52℃もあるので加水のみされておりますが、当然もったいない位に掛け流しされおりました。

ゑびすや7

湯口の下には温泉の成分がこびり付いて、ゴツゴツとした異形な抽出物が堆積しております。10年に1回位はこの抽出物を削らないと、浴槽が狭くなってしまうそうな。しかしその強い硫黄の香りや成分の濃さの割には入浴してみると、肌への刺激は強いどころか意外にもまったりしておりました。最初はピリリと熱いのに、入ってしまえば意外と染み渡る優しさがあったのです。

ゑびすや8

そしてこちらは塩原最古の湯"梶原の湯"。泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉で微妙に"弘法の湯"とは異なります。分り易い違いはまずこちらの浴槽には抽出物が殆ど出来ていない事、そして温泉が39.7℃と丁度入りやすい温度になっている事。

ゑびすや9

塩原最古の湯である事を誇示するかの様に祠を型どった湯口からは、悠久の時間を経ても留まらない温泉がトロトロと流れ出ております。ありがたやありがたや、大地の恵みとは正にこの事。"弘法の湯"で茹で蛸の様に温まったら、今度はこちらの適温の浴槽でのんびりと温泉を味わえますよ。

ゑびすや10

浴室の外には飲泉所もあり、"梶原の湯"も飲める様になっておりました。何でも胃腸への効能があるそうで飲んでみましたが、昆布出汁+エグ味+炭酸みたいな不思議な味でした。現在の温泉の分析法では前述の様に複雑な表記になってしまいますが、昔は「ラムネの湯」(炭酸泉)と呼ばれていたそうで成る程〜と思いました。

ゑびすや11

夕飯は自炊コースを頼んでいたので、持参したカレーを自炊場で温め、持参した地ビールで一人乾杯!食器や調理器具はしっかり揃っているので、自分のペースで湯治宿で過ごしたい人は自炊でもOKでしょう。そして夕食後ものんびりと温泉を満喫し、川のせせらぎをBGMに気持良く就寝…

ゑびすや12

ぐっすり快眠し気持ちの良い寝覚めから、即朝風呂一発。そして8時には旅館の朝食。煮物や川魚、納豆、半熟卵など田舎料理満載でしたが、どれも素朴な味ながらも本当に美味しかったです。特に"梶原の湯"で炊き上げたゑびすや名物、温泉おかゆは微妙な塩加減(温泉の味だそうな)とトロミが効いていてこれも最高。朝から健康的な食事も頂けて、温泉と料理と環境の全てから快気を貰えた感じでした。総じて自分が湯治宿に期待していた物、静かな環境や素晴らしい温泉、長い時代の積み重ねから出た味わいなどが体験出来て、十二分に満足できた素晴らしい宿でありました。

HP:塩原温泉 元湯 ゑびすや
住所:栃木県那須塩原市湯本塩原153
電話番号:0287-32-3221
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック