<< 2011/09/22 LIQUIDROOM 7th ANNIVERSARY and Hostess Club presents Matthew Herbert's ONE PIG @ Liquidroom | main | 2011/09/24 Primitive Inc. presents Chez Damier in Tokyo @ Eleven >>
2011/09/23 Off-Tone Vol.4〜Early Autumn Ambient Music Festival〜 @ Club Seata
クラブでのパーティーと言えばがんがん踊れる音楽が流れるのが中心ですが、中には踊り疲れた後にチルする為の音楽や、しっとりと楽しむアンビエント系のパーティーもあります。残念ながら日本では海外に比べるとチルアウトルームの存在感は薄く、アンビエントでまったり楽しむ文化も根付いておりません。そんな中、吉祥寺の元映画館を改造したClub Seataでアンビエント系のパーティーが開催されており、Kaito aka Watanabe HiroshiやKoyasが出演していたので遊びに行ってきました。
会場に入るとラウンジではフードが出店しており、またアンビエントやエレクトロニカなどの緩い音楽が雰囲気の邪魔にならないようにプレイされておりました。此処はメインフロアからの大音量はしっかりと隔離されているので、緩い電子音楽をBGMに談話したりするのにも適していて、何処も彼処もアッパーな4つ打ちをかける日本にクラブに足りないのはこれだと思いました。メインフロアに移動すれば幾つものシート座席や、フロア後方にはお布団が用意されてゴロ寝しながら音楽が聴けるように工夫されており、アンビエントパーティーの居心地の良さを実感。

Koyasライブはゆったりとしたダウンテンポから開始され、純粋なアンビエントと言うよりはその空気を纏った緩いダンスミュージックが展開されておりました。煌き、透明感のある洗練された電子音が浮遊しながら、ダブエフェクトをかけたりアカペラやSEらしき音を被せたりし、単調なダンスミュージックとは一線を画す正にライブと言うべきプレイ。徐々にダンスのグルーヴも強めるも、決して抑圧的に踊らせるのではなく寄せては返す波に乗るように、じっくりとグルーヴに惹き込まれるようでした。中盤以降は"Chill Out"や"Sound Of Sleep"からのアレンジ曲や、"機嫌なおしておくれよ"の軽快なスカバージョンなどでバウンス感も出て来て、多幸感で心を満たしてくれて楽しかったです。

そして滅多に行われないKaito Ambient Live。単純にビートレスなライブ…ではなくて、ビートも入った重厚感のあるアンビエント。上物にはディレイがかけられまるで分厚い音の壁を作るように美しい音色が充満し、音に意識が埋もれていく感覚。オリジナルの曲は疾走感がありドラマティックに展開するので肉体的にも刺激がありますが、この日は音と向き合いKaitoの幽玄さを感じるプレイに思えました。勢いのある4つ打ちのリズムは鳴りを潜め、その分鈍重な低音のキックがしっかりとトラックを支えて、アンビエントながらも芯のある強さも兼ね備えた曲構成。スピード感を削いだ分だけより普段よりも深みに嵌められるようで、良い意味で眠りに落ちれるアンビエントミュージックでした。カラフルで幻想的なVJと相まってしっぽりとKaitoの情緒溢れるアンビエンスを堪能出来ましたよ。

他のアーティストのライブやDJも比較的リスニングの要素が多く、一夜を通してゆったりまったりのんびり出来たパーティーでした。たまにはがん踊りするのでなく、クラブでだらだら過ごしたいと思う時は誰にでもあるのでは?そう思うと、日本にもこんなパーティーが増えたら面白いのではないでしょうか。メインフロアもラウンジも同じアッパーな4つ打ちじゃあ、そりゃ工夫が無いってものでしょう。

■Kaito - Trust Less(過去レビュー)
Kaito - Trust Less
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT3 | 09:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | |

コメント
初めまして。23日のオーガナイズしてた松坂といいます。
SEATA来てくれてたんですね!ありがとうございました。
実はいつもここ見てますよ〜!
ゆっくりしてもらえましたか?
今後とも是非よろしくです!!
| matsusakadaisuke | 2011/09/25 10:37 PM |
>matsusakadaisukeさん
はじめまして。
最後にプレイされておりましたね、横になりながらウトウトしながら聴いておりましたよ。

お布団などもあってのんびりと寛いで楽しめる一夜でした。なかなかああいうパーティーは無いので、似たようなパーティーが増えると楽しみ方も増えるし良いなと思います
| マチュ | 2011/09/26 1:10 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2563
トラックバック