CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Andy Vaz - Straight Vacationing (Yore Records:YRE-028cd) | main | Boof - Shhh Dandelions At Play (Running Back:RBCD003 ) >>
Fudge Fingas - What Works EP (Firecracker Recordings:FIREC 007)
Fudge Fingas - What Works EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

スコットランドはエディンバラのカルトレーベル・Firecrackerの新作は、ポストデトロイトハウスの役割を担うFudge Fingasが担当。10年以上の活動を経て今年リリースした初のアルバム"Now About How"(過去レビュー)ではハウスのみに収まらない総合的なブラックミュージックへの造詣の深さを示しましたが、新作ではFirecrackerらしい厳かなディープな作風のハウスを披露。幻想的なパッドやコズミックなシンセ、重厚なベースサウンドに浮遊感のあるか細いギターを一体化させた重層的なディープハウスは、漆黒のと言うよりは洗練と上質に向かったデトロイトハウスのようで、フロアでの機能性はばっちり。裏面には同じくFirecrackerからリリース歴もあり、今年大躍進した新星・Vakulaがリミックスを提供。端整に研ぎ澄まされた美しいシンセストリングスを追加しつつも、リズム対をロウに荒らした分だけ混沌としたビートダウン的な印象も感じさせるリミックスを行なっており、Vakulaの才能はもはや疑うべくもない。それに続く"Mass X"はビートレスなアンビエント・ハウス風で、望郷の念を静かに残してEPを締めくくる。年に一枚のペースでリリースするFirecracker、流石に質が高い。

試聴

Check "Fudge Fingas"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2570
トラックバック