CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Claude Young & Takasi Nakajima - Rapture (Applied Rhythmic Technology:ART 11.1) | main | 埜庵 kohori-noan 13回目 >>
Rondenion - Night Breeze (Ragrange Records:RR1)
Rondenion - Night Breeze
Amazonで詳しく見る(MP3)

クラブミュージックと言うニッチでアンダーグラウンドな業界に於いてさえ、海外からの輸入文化の影響は大きい。しかし徐々にではあるが日本国内から世界に向けて羽ばたこうとしているアーティストも増えつつあり、その急先鋒として僕はRondenionを予てから推している。と言っても活動歴はHirofumi Goto名義で活動していた頃からすれば10年位にはなるはずで、ようやく日本に於いても認知度が高まったと言う印象だ。しかし海外のRush Hour、Still Music、Yore Recordsなどから作品をリリースしていると言う実績を考えれば、僕は彼が日本に於いてもっと市民権を得ていてもおかしくはないと思っている。そんな中、遂に彼自身がRagrange Recordsを立ち上げ更なる攻勢に打って出た。タイトル曲の"Night Breeze"からして最高にスモーキーなディスコハウスで、混沌としたホーンの鳴りやブイブイ唸るベースライン、ゴリゴリとした歪さを伴うグルーヴィーなリズムトラックに、胸の熱くならない人などいるだろうか。ボイスサンプルのネタが不穏な空気を生み出している"Black Sky"は、Moodymannにも匹敵する生臭いファンキーさを醸し出している。キンキンとしたシンセと安っぽい女性のシャウトが絡みあう"Mechanical Motion"は、シカゴ・ハウスの野暮ったく粗野な音に通じる馬鹿げた躍動感があり、そこがまた妙に生々しさを感じさせるのだ。どれも生半可な黒さではない、Rondenionは本気に日本から世界に向けてディスコハウスの真髄を披露している。

試聴

Check "Rondenion"
| HOUSE7 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2579
トラックバック