CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Drexciya - Journey Of The Deep Sea Dweller I (Clone Classic Cuts:C#CC022CD) | main | 2011/12/30 Theo Parrish @ Eleven >>
Santiago Salazar - Smile Now, Cry Later (Seventh Sign Recordings:7SR022)
Santiago Salazar - Smile Now, Cry Later
Amazonで詳しく見る(MP3)

かつてはUnderground ResistanceやLos Hermanosのメンバーとしても活躍していたDJ S2ことSantiago Salazarは、今ではIcanではラテンハウスを、Historia y Violenciaではテクノを製作し、束縛から逃れるように活動の場を広げています。DJとしての腕は言うまでもなくデトロイト系のアーティストにしては積極的に制作活動を行い、またそのどれもがDJツール性とホームリスニングの楽曲性を持ち合わせており、デトロイト新世代の中でも特に注目株でしょう。本作はテクノベースのデトロイト指向な内容で、"Varrio Clarkdale"はオルガン風なシンセがオールドスクールを感じさせますが、途中から綺麗目のパッドが入った途端エモーショナルな空気に様変わり。そしてDJ S2の持ち味が出たのが"Smile Now Cry Later"、ラテンハウスらしいパーカッションに疾走するグルーヴ、控えめに彩りを添えるピアノのコード展開に郷愁を誘うストリングスは、Galaxy 2 Galaxy路線にも通じるポジティブな煌やきがあります。対して"The Battle Within"では一転、厚みのあるシンセが浮遊しその下をウニョウニョアシッドライクな音が彷徨うディープなテックハウスで、微睡みの中に吸い込まれる幻想的な世界が心地良いですね。多様性を打ち出しながらデトロイトらしい音の統一感もあり、テクノ好きもハウス好きもノックアウトさせてくれそうです。

試聴

Check "Santiago Salazar"
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2580
トラックバック