<< Heartbeat Presents Mixed By Francois K.×AIR Vol.2 (Lastrum:LACD-0221) | main | Marcel Dettmann - Conducted (Music Man Records:MMCD036) >>
Hit It & Quit It Radio Revue Vol.1 with Recloose & Frank Booker (Fingertips Records:FTIPS74003)
Hit It & Quit It Radio Revue Vol.1 with Recloose & Frank Booker
Amazonで詳しく見る(MP3)

かつてデトロイトを地元に活動していたMatthew ChicoineことReclooseは突如ニュージーランドに移住し、今では現地で知り合ったFrank Bookerと"Hit It & Quit It"と言うレディオ番組を主宰している。本作はその番組をコンセプトにしたMIXCDで、確かにレディオ放送らしくMCを織りまぜ曲を紹介するようにミックスがされていく。さてReclooseと言えばテクノとジャズのみならずヒップホップやソウルなど音の国境を越えた音楽性を持っており、殻をぶち破るように自由なクロスオーヴァーを体現していたのだが、そんな経歴を知っている人であれば本作は期待通りのプレイをしてくれたと感じるだろう。幕開けはスクラッチとMCを多用したヒップホップの流れで賑やかに始まり、そこからコズミックなファンクやリズムが暴れまくりのソウル、腰にぐいぐい来るディスコなど時代錯誤感の強いレトロな味を前面に出し粘り強いグルーヴを醸し出す。ジャンルはばらばらだが決してちぐはぐな印象は無く、全体のトーンとしては人肌の温かみを感じさせ弛緩した空気に統一されているのだ。さて、そこから更にどす黒いデトロイト・ビートダウンや優雅なブロークン・ビーツやフュージョン、甘くて夢に落ちそうなダウンテンポやレゲエなど、彼らが影響を受けた全ての音楽を曝け出す選曲を行い、緩くはあるが引っ掛かりのある鋭いリズムを保って最後まで陽気に踊らせる。ニュージーランドに移住した影響は、音の温かさやリラックスした雰囲気に出ているのだ。MCを入れた事で生放送を聴くような臨場感もあり、未発表曲・新曲を中心とした曲を紹介すると言うレディオ放送のコンセプトも見事に成功したと言えるだろう。

試聴

Check "Recloose" & "Frank Booker"

Tracklistは続きで。
1.James Pants - I Told You (Short Version)
2.Jellphonic - Smack
3.Riki - Wild Bill Ricketts
4.Le Gorllie - Phantom Lover
5.Reggie Blount - Why Do You Call Me Baby?
6.DJ Day - Beta (Recloose's Hit It & Quit It edit)
7.Ben Sun - When You Looked
8.Grooveman Spot - Do the Dance
9.Frank Booker - El Salvador
10.Mark de Clive-Lowe with Olatunde - Calling
11.The Delicate Genius - Midrats
12.Oliverwho Factory - Goin' Back
13.MD - Exchange
14.Chico Mann - Pajarito
15.Michael Soward & Shelby Hurns - He's Alive (DJ Kon Edit)
16.Recloose - UHF
17.Imperial Wonders - Love Me To The Music
18.Starblazers - Sunshine
19.Lord Echo - Wang East
20.Dubdub On-Seng - Trip Trop
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2593
トラックバック