<< Tornado Wallace - Part Nine (Instruments Of Rapture:IOR009) | main | 2011/11/2 GRASSROOTSTRIBE presents GRASSROOTS 14th ANNIVERSARY - DAY 1 The 14th Moon @ Grassroots >>
Scuba - DJ-KiCKS (Studio !K7:K7291CD)
Scuba - DJ-KiCKS
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
UKから生まれた猛威を振るうダブステップを、半ばテクノの聖地化しているドイツのBerghainに持ち込み"Sub:Stance"と言うダブステップのレギュラーパーティーを確立させたPaul RoseことScuba。彼がドイツにダブステップを持ち込んだのか、それともドイツテクノの魅力にダブステップが引き寄せられたのか。最近ではテクノ名義のSCBだけでなくScuba名義に於いてもテクノ色の方がより前面に出るようになり、このMIXCDではベース・ミュージックとしての要素は薄く黒さを排除したベルリンサウンドを打ち出しております。勿論選曲だけ見ればダブステップも使用はされているのですが、感情的な要素は抑えて機械的な温度感を打ち出し、更にはダブステップの特有の横に揺らすグルーヴよりはテクノの直線的でスムースなグルーヴを保つ事に終始気を遣っているように思われます。特に前半の荒廃した金属音ゴリゴリな展開はどう聴いたってBerghainなわけで、Scubaの好みがテクノに傾いているのは言うまでもないでしょう。中盤以降では気を利かせたのか猥雑なダブステップやエレクトロも混ぜてしまうのは残念ですが、そこからまた薄氷の上を進むように緊張感のあるミニマルに回帰し、そしてテンポは落としながらも重く深く沈み込んでダウナーな世界に消え行くように幕を閉じます。昨年リリースした"Sub:Stance"(過去レビュー)もその時点で十分テクノ色濃厚だなとは感じておりましたが、そこから一年を経て更にメランコリーを削ぎ落としテクノの冷たくマッドな質感や重厚感を強めた本作は、テクノリスナーにこそ楽しめる内容でしょう。欲を言えばもっと攻撃的に突き抜けたら最高だったと思いますが。

試聴

Check "Scuba"

Tracklistは続きで。
01. Sigha - HF029B2
02. Surgeon - The Power of Doubt
03. DBridge - For Tonight
04. Badawi - Lost Highway (Incyde Remix)
05. Peverelist - Sun Dance
06. Until Silence - The Affair
07. Addison Groove - An We Drop
08. Roska - Leapfrog
09. Trevino - Shorty
10. Beaumont - CPX11
11. Function - Two Ninety One
12. Braille - Breakup
13. Quest - Everybody in the Place
14. Sigha - Let Me In
15. George FitzGerald - Shackled
16. Jon Convex - Streetwalk
17. Mr Beatnick - Don't Walk Away From My Love
18. Boddika - Acid Battery
19. Marcel Dettmann - Captivate
20. Arkist - Rendez-Vous (SCB Edit)
21. Locked Groove - Drowning
22. Recloose - Tecumseh
23. Sigha - Where I Come To Forget
24. Sex Worker - Rhythm of the Night
25. Scuba - M.A.R.S.
26. Jichael Mackson - Gedons
27. Rivet - Running S
28. Recondite - Backbone
29. Ludovic Vendi - Mental Bright
30. Rivet - Slant
31. Scuba - Adrenalin
32. Sepalcure - Inside
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2597
トラックバック