CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Tread - Tread 3 (norm:nocd-003) | main | Ben Watt - Buzzin' Fly Volume One (Buzzin' Fly Records:CD001BUZZ) >>
Ron Trent - Deep & Sexy 2 (Wave Music:WM50125-2)
Ron Trent-Deep & Sexy 2
Amazonで詳しく見る

最近の旅行の間ドライブ中に良く聴いたこのMIXCD。シカゴハウスの巨匠の一人、Ron TrentがWave Music音源を使ってムーディーでありながらディープなMIXを披露。正確に言うとWave Musicの音源だけではありません。1曲目から井上薫のAuroraを披露。幕開けは穏やかに、しかしこれからの流れを期待させる雰囲気だ。そこからオーガニックな緩めの歌物が続いて、ラテン物が入ったりして、10曲目では個人的にお気に入りのテックハウスなD'Malicious - Dark Transitonで盛り上がり。まさかディープなRonがこんなの回すなんて思いもしなかったけど、面白い流れです。その後一曲クールダウンして12曲目でSolu Music feat. Kimblee - Fadeでまたも大盛り上がり、ドラマチックな展開が。ハウスを聴く人にとっては説明不要の琴線に触れるストリングスに儚げなボーカル。今作のハイライトでしょう。その後は消え入る様に静かに終盤を迎えます。音源指定なので普段よりアフロ、スピリチュアルな感じは抑えめですが、爽やかでメロディー重視なので一般的には聴きやすいMIXだと思います。

試聴

Check "Ron Trent"

Tracklistは続きで。
01. Aurora / Kaoru Inoue Presents Chari Chari
02. Better Day / AlphaMotive
03. Get It Right / Forever
04. Love Line / M.S.D.
05. Minor Villian / Peckham Royalty
06. Latin Music / Tiefschwarz
07. Musical Prayer / Markus Enchson Feat. E-Man
08. Ritmo Da Rua / Universal Love
09. That Gir / Mathias 'Matty' Helibronn Feat. Terrence Russell
10. Dark Transition / D'Malicious
11. Brazilica / Carlos Gomez
12. Fade / Solu Music Feat. KimBlee
13. Matty's Love From NYC Groove / Mathias 'Matty' Helibronn
14. Waiting For Your Love / Onda
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:43 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/26
トラックバック