CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Theo Parrish - Uget (Ugly Edits:UGCD-1) | main | 2011/12/1 OL Killer presents "WIFE" @ WWW >>
Theo Parrish - S.T.F.U. (Sound Signature:SS044)
Theo Parrish - S.T.F.U.

Theo Parrishが主宰するSound Signatureからの自身による新作が到着。時には噎せ返る熱気と湿度を伴うソウルフルな音を、時には意識をも飲み込んでしまう混沌とした音を聞かせる彼ですが、新作では無骨なまでのローファイなアシッド・ハウスやシカゴ・ハウスへ傾倒し、いつも以上の奇才っぷりを発揮しております。地味と言えば地味、単純と言えば単純、普段の彼の作品に比べると耳への鳴りは心地良くないどころか狂気さえも感じさせる鳴りで、特に彫刻を施したかのように簡素にスカスカながらも、ゴリゴリとしたキックとシャリシャリしたハットのリズムだけでも暴力性が滲み出ています。またメロディーやハーモニーを削ぎ落としながらも不気味かつ不思議な上物の反復と、極度に強調されたベース音はドロドロとしたサイケ感を発し、音自体は古臭い所からまるで未知なる異形が生まれだすような胎動が感じられ、クラブの大音量で聴けばそれこそ打ちのめされるのは間違いないでしょう。大量の音で埋め尽くすのでなく、限られた音だけでこうもタフでぶっといグルーヴを生むとは、Theo Parrishの手腕恐るべし。

試聴

Check "Theo Parrish"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2617
トラックバック