CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2012/3/12 U.S. - Usual Suspects - @ Warehouse 702 | main | Glimpse & Giles Smith - Can't Take My Eyes Off You (Balance Alliance:BA011) >>
Pop Ambient 2012 (Kompakt:KOMPAKT CD96)
Pop Ambient 2012
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
毎年冬の到来と共にやってきていたKompaktのアンビエントシリーズ”Pop Ambient”の12作目。既に冬も終わりに近付き春がやってくる手前での紹介となりますが、とても心温まるシリーズなので今でもしっぽりしたい方にはお勧めな作品です。Kompaktと言えばかつては奇才を誇るWolfgang Voigtが運営に携わり独自のテクノシーンを築いてきたのですが、現在はVoigtは運営から退きMichael Mayerがその役目を一手に担っています。Mayerが主導になってからはKompaktの経営方針も変わり音楽性にも変化の季節が訪れていますが、しかしこの”Pop Ambient”だけは毎回Voigtがセレクションを担当し一定の質の高さを守り続けています。本作にて注目すべきは近年音楽活動を再始動させているWolfgang Voigtがソロで1曲、そしてJorg Burgerとのユニット・Mohnとして1曲提供している事でしょう。特にMohnによる洞窟内で音が反響するような深い残響を生かした沈静なアンビエントが、ただ快適性のみを提供するアンビエントとは一線を画すシリアスな作品で、テクノの地平を切り開いてきたVoigtの才能は今でも健在でした。かと思えばSuperpitcherは正にポップと言う表現が相応しいメロディアスなフレーズがひたすら繰り返されるノンビートアンビエントで、浮遊感や高揚感でなく音色の温かさでアンビエントを表現しています。そしてTriola(Jorg Burger)による鎮魂歌の様に物悲しいムードに満ちたアンビエントと言うには少々宗教さも漂うトラックや、Loops Of Your Heart(The Field)によるアナログシンセによるコズミック感を打ち出しジャーマンプログレを意識したローファイなアンビエントまで、Kompaktの快適性やポップなセンスは保ちつつも各々が考えるアンビエンスを鳴らしておりました。シリーズもこれだけ続くと尻すぼみになるのは少なくありませんが、常に新たなる才能が集まるKompaktならではの質の高いアンビエントコンピレーションとなっております。

試聴

Tracklistは続きで。
01. Mohn - Manifesto
02. Superpitcher - Jackson
03. Morek - Pan
04. Magazine - The Visitor's Bureau (Magazine Edit)
05. Triola - Richmodis
06. Wolfgang Voigt - Ruckverzauberung 5
07. bvdub - Your Loyalty Lies Long Forgotten
08. Marsen Jules - Swans Reflecting Elephants
09. Simon Scott - For Martha
10. Loops Of Your Heart - Riding The Bikes
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2693
トラックバック