CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Jackin' House Beatz Edited and Mixed by NEBU SOKU (KSRCorp.:KCCD-474) | main | 2012/3/3 Mirror @ Jicoo >>
Model 500 - Control (R & S Records:RS 1202)
Model 500 - Control
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
デトロイト・テクノ、いや延いてはテクノのオリジネイターであるJuan Atkinsが非常にゆっくりとした足取りではあるが、Model 500としての活動を進めている。R&Sが再始動してからは3枚目となるEPは、時代がどれだけ周ろうと流行に左右されずに今までのModel 500のテクノ/エレクトロを踏襲する内容となっていた。特に"Control"はピコピコなサウンドが忙しなく張り巡らされたファンキーなエレクトロのトラックに、自身の無機質に加工されたロボットボイスを導入しており、つまりはKraftwerkに魅了された昔のModel 500と何ら変わりはないのだ。勿論多少なりとも音が研磨されよりエッジが出てきている位に現在の音に対応した進化はしているが、スタイルとしての変化が無い所に彼の求道的な意思が強く感じられる。そして"The Messenger"は贅肉を削ぎ落しシンプルなリズムが主導するテクノトラックで、コズミックな電子音が散りばめられた中を浮遊感のあるアンニュイなシンセサウンドがふらつき、デトロイト・テクノである事を主張する様にエモーショナルな面を強調する。大きな進歩もしていなければ退化もしていないのに、しかしJuan Atkinsがオリジネイターとして自分の音を確立しているからこそ、時代に飲み込まれずに今も後光を放つのだろう。

試聴

Check "Juan Atkins"
| TECHNO9 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック