CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Jazzanova - Upside Down (Sonar Kollektiv:SK232CD) | main | 2012/3/30 FACE presents RON TRENT JAPAN TOUR 2012 @ Eleven >>
The Third Man - Future Tense (Applied Rhythmic Technology:ART DDS-6)
The Third Man - Future Tense
Amazonで詳しく見る(MP3)

Kirk Degiorgio主宰のARTが軌道に乗る中で、そのレーベルを代表するまでに成長したToby LeemingことThe Third Manですが、ARTからは3枚目となるEPをリリースしております。KirkとARTのレーベルの方向性としてデトロイト・テクノへの忠実な愛を以てしてUK流に解釈したテクノをリリースする事は感じ取れますが、やはりThe Third Manもその傾向を受け継ぎレーベルカラーを見事に踏襲した新作を披露しました。"Future Tense"は温かく透明感のあるパッドを延ばしつつや星の煌きの如く美しいシンセ音のリフを作り、ガツガツと力強い4つ打ちのリズムトラックで疾走するハイテックテクノで、デトロイト・テクノの黒人のファンキーな面は濾過しながらよりエモーショナルな面に重点を置いた作品と言えるでしょう。途中でのキックが抜け壮大にシンセの層が被さっていくブレイクを経て、終盤に向かって感情を揺さぶるように盛り上がって行く展開は感動物。そしてマリンバ風な浮遊感のあるシンセにディープなパッドを被せ、幻想的でありながら跳ね感と疾走感を以てして突き抜ける"More Than One"。途中からは膨らみや広がりを感じさせるパッドの中でコズミックなシンセが暴れまわり、ドラマチックに高揚を増していくディープなテックハウスがもうお家芸の様に馴染んでいます。実力に関しては疑うべくもないので、そろそろアルバムを聞かせて欲しいですね。

試聴

Check "The Third Man"
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2715
トラックバック