CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Shangaan Shake (Honest Jon's Records:HJRCD58) | main | 東京天然温泉 古代の湯 >>
James Blake - Love What Happened Here (R & S Records:RS 1111)
James Blake - Love What Happened Here
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ベース・ミュージック、またはポスト・ダブステップと呼ばれる音楽の中で一際異彩を放っているUKの若き才人・James Blake。移り変わりの早いクラブミュージックと言うジャンルに於いてはもはやダブステップでさえも最新の音楽とは言えない中で、彼は周りの流行り廃りに飲まれる事もなく我が道を行き、尚且つポピュラーな音楽性を以ってして確実な評価をものにしている。穿った言い方をすれば一般的に聞かれやすいアルバムではUKベースのブルーアイドソウルを聞かせる事で人気を博している様に思われるが、決してメジャーではないアナログ媒体でのダブステップ以降の実験的な音楽に挑戦している方が、面白みと言う点は勝っている事に異論はないだろう。そして"CMYK EP"以来となるR&Sからの当EPも、期待を裏切る事なく後者の音を聞かせてくれる。タイトル曲である"Love What Happened Here"はダブステップなのか否かはもはや問題ではなく、(歌は確かに入っているが)歌物ではなく細かいビートで尖りを出すトラック物であり、どこか乾燥しながらも豊かな情感を誘発する点はアルバム路線にも近寄った印象はある。しかしただ単にしんみり聞かせるだけではなく、まだクラブミュージックとの繋がりも保持しながらソウルとの狭間を綱渡りするスリリングな攻め方に非凡さを感じられるだろう。更に"At Birth "では意外にも4つ打ちのディープハウスを披露しているが、内に秘めたる感情を吐露する様に影のある暗さが重くのしかかり、感情を揺さぶる力に全くぶれはない。そして回転数が狂ったかと錯覚する"Curbside"は、奇妙に音程のずれたボーカルに乱れるダウンテンポなビートが絡み合う歪な一曲だ。EPと言う小さな媒体の中でこれだけの幅を見せながら、James Blakeの激情が炸裂するその音楽性の統一感があるのだから、これは一本取られた言う他にあるまい。

試聴

Check "James Blake"
| ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2717
トラックバック