<< ラーメン二郎 小岩店 | main | Screen - We Are Screen (Malicious Damage Records:MD705) >>
Delano Smith - An Odyssey (Sushitech:SUSH17)
Delano Smith - An Odyssey
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
1963年にシカゴに生まれデトロイトで育ったDelano Smith。という事は長いキャリアを経て49歳にしてようやくこの初のアルバムを完成させたのだから、人生とは何が起きるのかは誰にも分からないものだ。Delanoはデトロイト・テクノと言う音楽が生まれる前から、デトロイトにてダンスミュージックの方向性を指し示したKen Collierを師事し、自らもDJを始めデトロイト第一世代よりも更に早い時期に活動をしていたそうだ。つまりは現在でも活動しているデトロイト系のアーティストの中では、最も活動歴が長いベテランと言える存在だろう。90年代は音楽業から距離を置いていたが、2003年頃からは作品もリリースし始め日本でもMike ClarkやNorm Talleyとの"Beatdown Brothers"としてビートダウンを広めた功績は忘れてはならない。派手派手しい活動をしてきた訳ではないが、継続的にリリースしていたEPはDJからの評価も高く着実を歩みを進めていたのだ。そしてこのアルバムだ、これにもやはり彼の活動と同じで決して派手に騒ぎ立てるようなトラックは一つとして無い。ビートダウン一派として活動していた頃に比べると幾分かテクノ寄りな面も見受けられ、ミニマル色を強めたツール的なグルーヴに控え目に情緒を醸し出すソウルを乗せてリラックスした音を鳴らしている。エレピやパッドの優雅で大人びた響き、呟き風なヴォイスサンプルは何処か妖艶で、安定感のある滑らかなコード展開によって耳にすっと優しく音が入り込んでいく。枯れた味わいさえあるのだから目新しさは無いが、しかしベテランらしく丁寧に作られたダンスとリスニングの両面に適した堅実なハウスアルバムだと言える。永く何度も聴きたくなるアルバムとは、得てして本作の様なアルバムなのだ。

試聴

Check "Delano Smith"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2724
トラックバック