CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2012/7/21 Easy Listening @ Grassroots | main | Midland - Placement (Remixes) (Aus Music:AUS1238) >>
Jason Grove - 313.4.Ever (Skylax Records:LAX 127)
Jason Grove - 313.4.Ever

時代を越えていく普遍的なディープ・ハウスを追求するフランスのSkylax Records、その傘下のWax Classicがレーベル第一弾の作品に選んだのがJason GroveのEPだった。「Lost Cuts」と題されたそのEPは、なんと15年前に制作されたテープ音源をアナログ化したと言う触れ込みだった。Jason Groveはデトロイトにて80年代から活動しているDJ/アーティストらしいが、Facebookなどのアカウントを見ても実際にどんな活動をしていたのかは全く明るみにならないミステリアスな存在だ。逆にその神秘性が評価の判断を音のみに委ねる事に直結しているが、彼にとって長い経歴の中で初のアルバムとなるこのアナログ2枚組(恐らくデジタル配信も無し)はお世辞抜きに素晴らしい。タイトルである「313.4.Ever」の313とはデトロイトの市外局番であり、つまり「デトロイトよ、永遠に」とデトロイトへの愛と敬意を示した内容なのだ。全体的にロウな手作り感のあるオールド・スクールなディープ・ハウスではあるが、色気のあるボイスサンプルや優美でメロウなシンセのコード展開によって穏やかな情景が広がり、ホーンやサックスのファンキーな音は黒く生臭い空気を醸し出し、TR808らしき味気ないキックやハイハットとクラップ音は上モノの雰囲気を壊さずに臨場感のあるグルーヴを生み出している。敢えて洗練と研磨し過ぎない事が生々しい臨場感や生身の温かさをダイレクトに表現する事に繋がり、デトロイトらしい熱き魂を持った人情味を実直に伝える。特に凝った展開を待ち受ける作品ではないものの、内在するソウルを実直に音として表現したディープ・ハウスで、Skylax Recordsが考えるタイムレスなハウスサウンドを体現したと言って良いだろう。アナログのみと敷居は高くなってしまっているが、しかし自ずから求める人にのみ音を届けると言う頑ななスタンスにも好感が持てる。

試聴

Check ”Jason Grove”
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2730
トラックバック