CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Porter Ricks - Biokinetics (Type:TYPE100) | main | Area - Where I Am Now (Wave Music:WM50218-2) >>
Vince Watson - Interference EP (Tresor:Tresor.244)
Vince Watson - Interference EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

様々なレーベルを渡り歩きながらエモーショナルなマシンソウルを追求してきたVince Watson。最近5年ぶりのアルバムをリリースしたばかりですが、勢いを止める事なく近年復活を果たしたTresorからは2作目となるEPをリリースしました。アルバムが比較的ソフトな音色を多用してリスニング向けにも適した作風だったのに対し、このEPでは当然の如くツールとしてフロアで活躍する攻撃的なテクノを披露しています。"Interference"は地面を這いずりながら突進するように平坦なグルーヴながらも、そこに終始金属音を思わせるパッドを薄く伸ばして被せる事で荒廃したドイツ系のテクノをも意識している様で、Tresorと言う硬派なテクノのカラーに合わせた印象も受けます。裏面では彼らしい2層に分かれたメロディアスなシンセと脈動するリズムが組み合わさった"The Secret"が収録されており、汚れなき透明感に溢れた美しいサウンドにうっとりとするテクノ/ハウス両方面に対応した秀逸な作品と言えるでしょう。更にはそれをビートレス構成にした"The Secret (Melody)"、ビートを抜く事でより綺麗な上物の音が鮮明となり情緒が増し、AIテクノにも似た未来的な世界が広がる事でしょう。文句無しにVince Watson節が全開となった1枚ですね。

試聴

Check "Vince Watson"
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2750
トラックバック