CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 三芳菊 壱60 無濾過生原酒 | main | Barnt - Hark (Mule Musiq:mule musiq 147) >>
Masterpiece Created By Andrew Weatherall (Ministry Of Sound:MOSCD287)
Masterpiece Created By Andrew Weatherall
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
Ministry Of Soundが提供する「Masterpiece」、そのタイトルからしてDJ中のDJが担当すべき3枚組MIXCDシリーズの最新作は、遂に久しぶりのクラブでの来日プレイを控えているUKテクノ番長のAndrew Weatherallが担当。テクノ、ロック、ダブ、パンク、ハウス…そこに境界線を引く事なくあらゆる音楽を一夜の内に自分のモノとして表現出来る素晴らしいDJが、CD3枚と言うボリュームに渡って繰り広げる音楽は、彼が2010年からロンドンで開催しているパーティーである「A Love From Outer Space」がコンセプトになっているそうだ。夜の11時、12時、1時と1時間毎に区切りをつけてはいますが、アッパーなテクノや沈み込むディープハウスは封印して、BMP105〜120までに抑えたロッキンでパンキッシュ、そしてディスコディックでダブな雑食性の高いプレイは、これこそWeatherallの真価と呼べるでしょう。1枚目は特にWeatherallのリミックスや制作した曲が含まれているせいか、ねちねちとした足取りながらも鉄槌で叩かれるようなグシャッとしたキックが破滅的で、途中のダークなアシッドも入ってきたりすると90年前後のインディーダンスにかかわっていた頃のサイケな空気も漂ってきます。対して2枚目は重苦しい空気も晴れたようにコズミックなディスコダブや、煌きのある奇妙なシンセ音が印象的なニューウェブやエレクトロなどで、無心になり楽天的なダンスミュージックを軽快なノリで楽しむ様な音楽が聴ける事でしょう。そして3枚目はパーティーのラスト1時間を飾るが如く昂揚感と開放感が混ざり合うドラマティックな展開が待っていて、ダンスビートを強めながら獰猛なしばきによって鼓舞されつつ、終盤では盟友であるPrimal ScreamのWeatherall Remixでふっと放心し、ラストのWeatherallがインスパイアを受けたA.R. Kaneの”A Love From Outer Space"でハッピーにパーティーは終焉を迎えます。と3時間に渡る異形のダンスでロッキンなDJ、あっと驚く様なトリッキーな技は無くとも本当にWeatherall以外に成し得ない弾けるパワーと痛快なユーモアが感じられる選曲で、3時間にもかかわらず全く飽きないどころか中毒性の高いプレイは流石です。今までにも多くのMIXCDをリリースしてきた彼ですが、これはお世辞抜きに現時点での最高傑作と言えるでしょう。

試聴

Check "Andrew Weatherall"

Tracklistは続きで。
CD 1 Eleven O'Clock Drop
01. The Asphodells - A Love From Outer Space
02. Grinderman - Heathen Child - Andrew Weatherall Remix
03. Timothy J.Fairplay - Sleighride - Andrew Weatherall Remix
04. The Asphodells - Lost Cities
05. Hardway Brothers - Mania's Theme - Andrew Weatherall Remix
06. Kalidasa - Burstin' Through
07. Craig Batley - Birdshell
08. Apiento - The Orange Place - Apiento
09. Chida - Danca - Chida
10. The Horrors Wild Eyed - Andrew Weatherall Remix
11. Wooden Shjips - Crossing - Andrew Weatherall Remix
12. Walls - Into Our Midst
13. Timothy J.Fairplay - The Final Reel - Andrew Weatherall Remix

CD 2 Twelve O'Clock Drop
01. Scott Fraser - A Life Of Silence
02. Mario Vierra - Cosmic Matter
03. Kasper Bjorke - Man From Venice
04. Bonar Bradberry - You Were Away - Space Ranger Hypno Mix
05. Rudy's Midnight Machine - Ecstatic Love Machine
06. Midnight Savari - Phantom Galaction
07. Tornado Wallace - Insect Overlords
08. Sons And Daughters - Orion - Emperor Machine Remix
09. Cut Copy - Sun Gold - Andrew Weatherall Remix
10. Bogdan Irkuk a.k.a. Bulgari - My Weakness - Prins Thomas Discomiks
11. Copyshop - Lipps - Pete Herbet Dub
12. Pacific Horizons - Stealing The Fire From Heaven

CD 3 One O'Clock Drop
01. The Subs - Decontrol - Aquarius Heaven Remix
02. Black Light Smoke - Switchback
03. Soft Rocks - Magic Mikk
04. Martin Brodin - Badabing - Diskjokker Remix
05. Ajello - Crystal Babe
06. Name In Lights - Ur Oskunni
07. Brioski - Radio Anatomy - Emperor Machine Remix
08. Toddla T - Watch Me Dance - Andrew Weatherall Remix
09. Todd Terje - Ragyshe
10. Primal Scream - Uptown - Andrew Weatherall Remix
11. A.R. Kane - A Love From Outer Space
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2752
トラックバック
Masterpiece Created by Andrew Weatherall
Ministry of Sound の Masterpiece シリーズの最新作は、The Sabres of Paradise からの Two Lone Swordsmen でおなじみの Andrew Weatherall 編。例によって 3 枚組なのだが、2000 年の彼自身によるコンピレ「Nine o'clock Drop」に倣って、それぞれ "Eleven o'cl
| 音盤収集病患者の館 − 裏 MDRH | 2012/07/13 9:56 PM |