CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Roisin Murphy - Ruby Blue (Accidental:C20CD) | main | Adam Beyer - Fabric 22 (Fabric:FABRIC43) >>
Solu Music - Affirmation (KSR:KCCD-172)
Solu Music-Affirmation
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 
Amazonで詳しく見る(US盤)

Solu Musicと言えば何はともあれ「FADE」。ハウスシーンにおいて、いや結果的にはハウスについて余り面識の無かった人までも取り込んだであろうこの名曲。クラブミュージックって一般的にはそれ程聴く人は多い訳ではないんだろうけど、「FADE」はそこら辺にあるPOPな曲より遙かに分かり易いし、心底涙させられる曲なんだから、クラブミュージックを聴かない人にこそ是非聴いて欲しいなんて思ったりもする。それがクラブミュージックを聴くきっかけになれば良いな…なんてね。

とにもかくにもSolu Musicは「FADE」のおかげで有名になったのだけど、その後のEPは余り評価が良くなかったと思う。逆にそれだけ「FADE」が凄すぎたんじゃないかな。彼等自身もその壁を乗り越えるために、1stアルバムに「FADE」は収録されていません(日本盤のみボーナストラックで収録。僕は日本盤を購入)。しかしその結果、意外にも彼等が偽物では無かった事を証明出来たと思います。やはり彼等の根底にあるのは、人の暖かみを感じる事が出来る切ないメロディー。ハウスミュージックと言うスタイルを取りながらも、聴く者全てを引きつけるメロディーがあり奇をてらう事無く、ストレートに感情を込めています。中にはR&B風の曲やジャジーハウスもあり、体を揺らして踊る事も出来れば一途に耳を傾けて聴き入る事も出来ます。ただどんなスタイルを取ろうともソウルフルで、どこか切なさを感じさせ優しい気持ちにさせてくれます。比較的生演奏も取り入れられて、ブラジリアンな空気も感じられました。

ボーナストラックの「FADE」は残念ながらショートカットされています。
オリジナルを聴きたい方はこちらがお勧め。
「Joyride」

MIXCDで聴くなら以下の4枚はかな〜りお勧めです。
「Ron Trent - Deep & Sexy 2」
「Body & Soul NYC Vol.4」
「DJ Alex From Tokyo - Deep Atmosphere the journey continues」
「Toshiyuki Goto presents Progressive Funk」

試聴

Check "Solu Music"
| HOUSE1 | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - | |

コメント
待ってました!のAffirmation。
音を写生しただけの僕のレビューなんかより、
購入意欲をそそられますね。
Joyrideを紹介されちゃったのは、ちょっと悔しいですがw

それはそうと、今日UKロックしか聴かないという、
バイト先の先輩がHouseに興味もってくれたので、
Body&Soul 4でClubSounds布教活動してみましたw
| hisae | 2005/05/31 10:29 PM |
>hisaeさん
僕も元々はロック小僧だったんですけど、デトロイトテクノ
とかの名曲を聴いてどんどんテクノにはまって行きましたよ。
Body&Soul 4も名曲ぎっしりだし、そうゆうのから入って
気に入ってくれる曲があると良いですよね
| マチュ | 2005/06/02 7:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/281
トラックバック