<< Taragana Pyjarama - Tipped Bowls (Kompakt:KOMPAKT CD 101) | main | Creative Swing Alliance - Give It To Me (Endless Flight:endless flight 46) >>
Joris Voorn & Cassy - Cocoon Heroes (Cocoon Recordings:CORMIX040)
Joris Voorn & Cassy - Cocoon Heroes
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
数多くのタレントを擁するドイツのCocoon Recordings。夏の間は享楽の地と化すイビサはAmnesiaで著名なDJを集めて"Cocoon Heroes"を開催しているが、そのパーティーをCDとしてJoris VoornとCassyがパッケージしたのが本作だ。とは言ってもこの二人が年中Amnesiaでプレイしているわけでもなければ、生粋のCocoonのメンバーと言うわけでもないので、レーベルカラーとは関係なく二人のDJが聴けると言う意味では安心してよいだろう。Joris Voornのミックスについては80分の中に26曲も詰め込み完全にグルーヴをコントロール下においた精密なプレイを聴く事が出来るが、やはり初期の頃に比べると妙に大人びていると言うか抑制されたミニマル色強めな印象だ。恐らく全てがPC内で組み立てられているのだろう、確かに上品に纏められたプレイには繋ぎも展開も違和感無くスムースに聴けるのだが、しかしそれにしたって少々臨場感や人間味と言うものが欠けている気がする。後半に入ればミニマルに深く潜っていく音とメロディアスな音が融け合いながら、パーティーでのピークタイムへと駆け上がっていく昂揚感が増しては行くのだが、初期の初々しさも感じられたテクノクラシックを使用したプレイの方が彼には合っている気がするのだが。対してCassyは13曲だけの使用ながらも鉄鋼のような芯のある太さを基盤に持ちつつ、官能的な夜っぽさや野性的なトライバル感を含むテクノともハウスとも取れる中庸なプレイをしている。しかしJorisの何処か機械的なミックスに比べCassyの方はグルーヴが走っていて、むしろこちらの方が男らしい気迫を感じさせる力強い音を鳴らしている。個性的なプレイではないのだがパーティーの白熱した光景が浮かび上がる生き生きとしたプレイではあるし、余りに凝ったミックスよりは単純な方がやはり踊るには適している場合もあるのだろう。

試聴

Check "Joris Voorn" & "Cassy"

Tracklistは続きで。
CD1: Joris Voorn
01. Olaf Stuut - I See
02. Matthew Burton - Soul Groove / St. Thomas - Romochalumo
03. Egal 3 - A51
04. Lawrence - The Swan
05. Philip Arruda - Seeds Of Brooklyn (&ME Remix) / Robosonic - The Sweetness
06. Matthew Dekay & Lee Burridge - F�・r Die Liebe
07. Gerry Read - Roomland (Youandewan Remix)
08. Microtrauma - Pollen Flug
09. Jason Justin - Tab Jack (Springwater Dub)
10. Steve Lawler – Caracas / ONNO - Mumblin Groove
11. Hot Since 82 - Let It Ride (Nicolas Masseyeff Remix) / Hobo - Ipperwash Dusk
12. Stefny Winter - When The Rain Fell
13. Truncate - Truncate 17
14. Clio - Poem
15. Otra feat. Argenis Brito & Pier Bucci - Part7 / Amarillo y Verde
16. Guy Gerber - One Day In May
17. Someone Else - Barbay (Ronan Portela Remix - Joris Voorn Edit)
18. Soy Mustafa - Return of the Anunnaki (John Tejada Remix)
19. Rhauder - Acid Jam
20. Oxia - Harmonie
21. Luis Flores - New Flesh (Drumcell Remix)
22. Back Pack Poets - Objective T
23. Himan - Midnight Express (Samuel L. Session Remix)
24. ReUP - Back In A Day (Marco Faraone Darkness Remix)
25. Intruder A Murk Production - Jei Amame feat. Jei (Radio Slave Dub)
26. Astrofarm - Strings (Ain't What They Used To Be)

CD2: Cassy
01. Pearson Sound - Stifle
02. Dario Zenker - Works
03. Cavalier - Kaimanawa
04. Sigha - Fold
05. DJ Dan - Put That Record Back On (Peace Division Mix)
06. Rush? - Cortometraggio
07. Paul Woolford & Psycatron - Stolen (Dub Two)
08. Mr. G - New Dayz
09. Shed, Wax - Wax30303 B
10. Mr. G - Sunday Blues (Kasper Remix)
11. Tennis - Make It Good (Ryan Elliot Remix)
12. Adam Marshall - Thelon
13. Mr. G - Lex (Flip Flopping)
| TECHNO9 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
CDではそんなことないんですけどPCDJになってから繋ぎが雑になった印象があります。幻想的な音や洒落てる雰囲気はJorisっぽいんですけど、昔のJorisのほうがテクノしてて好きですね。
| Match | 2012/08/23 7:54 PM |
>Matchさん
初来日から何度かクラブで聴いてますが、正直初来日が盛り上がってそれ以降は…と言う印象です。最近はリリースペースも落ちてDJ業に熱心になっていますが、そのDJ業も初期の頃に比べるといまいちですしね。実力はあるはずなので頑張って欲しいですね
| マチュ | 2012/08/24 10:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2814
トラックバック