CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Brett Dancer - Euphonic Moods EP (TMR Essentials:TMRE-001) | main | Desolate - Celestial Light Beings (Fauxpas Musik:FAUXPAS LP002) >>
Jimmy Edgar - Majenta (Hotflush Recordings:HFCD008)
Jimmy Edgar - Majenta
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
続・エレクトロ・ファンク。デトロイトの若き才能であるJimmy Edgarはまだ28歳ではあるが、しかし10代半ばから既に音楽活動に入り浸りデトロイトのレジェンドとの共演を果たしていた彼にとっては、28歳にしてベテランと言える域にまで達している稀有な存在だ。本人名義では早くも3枚目となるこのアルバムだが、1stがかのWarpからで2ndはあのStudio !K7と余りにも優等生な道を歩んでいるが、この3rdではまさかのScubaが主宰するダブステップ・レーベルであるHotflush Recordingsからと変化球を投げてきた…と思いきや、全くレーベルの音楽性など意識する事もなく続・エレクトロ・ファンクを取り組んでいるのが事実だ。00年代に盛り上がったエレクトロの隆盛は何処へやら現在は主流からは全く外れているもののJimmyは全く意に介する事なく、それどころかオールド・スクールを復権させるべくリアルなエレクトロを貫いている。人工着色料や化学調味料を練り込み動物性オイルをたっぷりと投入したようなこのキッチュで都会的かつ人工的なシンセサウンドは、正にデジタル世代のクールな気分を味わせてくれる。ギクシャクとしたマシンビートに感情を排したようなロボットボイスなど至る所に未来的な仕掛けがされており、その上前作以上にタイトなビートと洗練を兼ね備えてシンセ・ファンクを完全にものにしているのが分かるだろう。その一方で中性的なジャケットが表すように加工されたウィスパーボイスからは艶やかな官能を感じ取る事が出来、多くのトラックでその声が中心となっている事からとてもポップな歌物エレクトロとしても成立している。歌もトラックもアルバムに流れる未来的な空気も、その全てが完璧な程に人工的でありこのレトロ・フーチャーな世界観が堪らない。

試聴

Check "Jimmy Edgar"
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2836
トラックバック