CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2012/9/22 stiff ~ 8HOURS~ @ Batica | main | Smallpeople - Salty Days (Smallville Records:SMALLVILLE CD 05) >>
Keihin - This Heat (Almadella:AMDL004)
Keihin - This Heat

日本では早くからテクノとダブステップを結び付け、自らはAlmadellaと言うパーティーを主宰する元自衛隊員と言う肩書きを持つKeihin。日本各地の生粋のアンダーグラウンドパーティーを渡り歩く叩き上げのDJであり、彼にとって3枚目となるこのMIXCDに於いても普通のテクノだけには収まらない混沌とした闇が広がるプレイは正に地下で格闘してきた経験を爆発させた内容となっている。Keihinと言えば強靭な肉体感を強調した暴力的なプレイや鉄鋼を打ち付けるようなインダストリアルでハードなテクノと言う印象があるが、しかしそれだけではないのも事実だ。このMIXCDの出だしはブラックでスピリチュアルな芳香が滲み出るフリー・ジャズから始まるが、この時点で既に世界が壊れ行く荒廃した景色が闇の中へと広がっている。そして徐々に奥に広がる闇の中から鈍重なキックが這いずり出してくれば、そこからは一切の甘さを排除し現実からは隔絶されたダークでミステリアスなダブステップ×テクノ空間が幕を開ける。しかし中盤までは直球で押すのではなく、上下左右に揺さぶるように変則的なリズムのキックでバウンスしながら力を内に溜め込み抑制をかけつつ、スモーキーなエフェクトに覆い目眩を引き起こすトリッピーな音で焦らす展開が続く。そして30分程焦らしてからの後半戦に入ればそこからは完全にフロアのピークタイムを感じさせる勢いのあるトラックがスピンされ、金属的な弾けるパーカッションや分厚い電子のベース音などがボディーブローを連発する暴力的なセットへと突入する。無情ともとれる殺伐感と無慈悲な緊迫感に満ちたインダストリアルでダブステップなプレイの前には抗うすべもなく、ただただ圧倒的なサイケデリックの闇で踊り狂うしかないだろう。日本にもこんなにヤバイプレイをするDJが居る、そんじょそこらの外タレなんか目じゃない。

試聴

Check "Keihin"
| TECHNO9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック