CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 埜庵 kohori-noan 16回目 | main | Sascha Dive - Deja Vu (Tsuba Records:Tsuba060) >>
SERi - From Pulse 2 Pulse (414EAST Recording:414ECD-002)
SERi - From Pulse 2 Pulse
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
今年の5月に長い音楽活動を経ての初のアルバムをリリースしたShigeru SerizawaことSERi。それからまだ半年も経たない内に2ndアルバムのリリースに漕ぎ着けるとは、その音楽制作への渇望たるや底知れぬものがあります。とは言っても1stアルバムがテクノと言う基盤の周りにアシッドやミニマル、テックハウスと言った音で幅を持たせつつ品良く統制していたのに対し、本作では脇目も振らずに執拗な程にアシッドに取り組んでおります。インナースリーヴに記載してある制作上での使用機材を調べてみるとハードウェアやアナログ音源を中心としたあくまで旧来での制作方法にこだわっており、ベースやリズムトラックの音の出方が脂を落としたように乾いてはいるものの身が詰まったタフで質実剛健な鳴りをしています。特にアシッドなベースラインについては病的なまでにビヨビヨ、ギュルギュルと言った狂気の音が終始鳴っていて強い個性を放っているのですが、トラック全体として聴いてみると例えば黎明期のアシッド・ハウスにある粗悪さ(それは良い意味での個性でもある)は皆無で非常に洗練された音楽になっています。押し迫る音圧に研磨された音質を伴い単なるアシッド・ハウス/テクノの焼き直しではなく、現代のモダンな感覚に裏打ちされたニュースクール・アシッドと呼びたくなる新鮮さがあり、温故知新とは正にこの様なアルバムなのでしょう。リミキサーには私には初耳ではあるMaster Master、SOL、Kick.Sが起用されていますが、彼らによるリミックスも意識が揺らぐ中毒性の高いアシッドで満たされていて、その知名度以上に充実した凶悪なトラックとなっているのは心強い。こんな良質なアシッド・ジャンキーなアルバムに出会えたのは久々な気がしますね。

試聴

Check "SERi"
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
SERi - From Pulse 2 Pulse
Artist: SERi Title: From Pulse 2 Pulse Label: 414east Recordings Catalog#: 414ECD002 Format: CD Released: 2012 [試聴] [Amazon.co.jp] [iTunes Store]この春に『Time And Space』(過去記事)と...
| acid over the rainbow | 2012/10/23 11:22 PM |