CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2012/10/5 ONE-ON-ONE x THREE FLOOR @ 蜂 | main | DeepChord - Sommer (Soma Quality Recordings:SOMA CD099) >>
2012/10/6 groundrhythm @ Air
先日2年ぶりにニューアルバムをリリースした井上薫が、自身がレジデントを務めるgroundrhythmにてアルバムのリリースパーティーを決行。毎回日本各地からゲストを呼んでパーティーに鮮やかな彩りを加えているが、今回はアルバムにもリミックスを提供したThe Backwoods aka DJ Kentら複数名が呼ばれテクノ色強めな音が予想される。「A Missing Myth」=「(未来の)失われた神話」と題されたコンセプチュアルなアルバムをテーマにしたパーティーは、一体どのような世界を創り上げたのだろうか。
のんびりとパーティーに足を運ぶと(恐らく)AQUIRAがDJ中で、非4つ打ちなレイブ調のブレイク・ビーツっぽいものなどを回していてまだまだパーティーは序盤な空気。ちょっとずつ上げていった所でThe Backwoods aka DJ Kentへと交代。

The Backwoodsへと交代するとフロアの空気もがらりと変わったようで、テクノともハウスともとれるエレクトロニックで艶のあるトラックでじわりと攻める。テンポ自体はそれ程上げていないのにスムースに体を引っ張る安定感のあるグルーヴと、そしてデケデケと下から支える強烈なベースラインが主張するエレクトロハウスっぽい音で、暗闇の閉塞感から抜け出すポジティブな力が漲るテクノセットが本当に鮮烈だ。上昇気流に乗るディスコティックな"Flying Bugz (Kaoru Inoue Remix)"は輝かしくフロアに響き渡り、また対照的にダークな旋律のニューウェーブ調のテクノはフロアを一層暗くしたりと、陰と陽の切り替わりも見事に決めていた。ラストでは"Ground Rhythm (The Backwoods Remix)"から"Acdise #2"へと余りにもドラマティックな繋ぎでフロアの盛り上がりが最高調に達し、そしてレジデントである井上薫へとバトンタッチされた。

井上薫は盛り上がったフロアを仕切りなおすようにニューアルバムからの"Malam"を先ずはプレイ。不思議なガムランの響きに包まれながら異国の街へと誘い込まれて、いかにもgroundrhythm的な何処の国とも知れない空気に包まれる。そこからはエレクトロニックな洗練されたメロディーとトライバルなリズム/パーカッションが組み合わさったトラックが続き、大地が脈打つように心身共に刺激するサウンドで飛ばしていく。民族音楽的なパーカッションが炸裂する訝しい"Etenraku"などニューアルバムからの曲も幾つかプレイして、モダンで都会的な音と原始的な森林を思い起こさせるさせるオーガニックな音を行き来するクロスオーヴァーな展開は井上薫の真骨頂であろう。前半はハードなテクノも混ぜながら攻撃的に押し通したせいか中盤では少々息を入れて民族調強めの怪しさを醸し出し、そして再度テックハウス〜プログレッシヴハウスな壮大な流れで上げてからの、終盤ではお約束のクラシックタイムに突入。The Backwoodsの白光に包まれる高揚感に満ちた"Sunstream"からのデケデケベースラインが最高にファンキーな"I Feel Love"で朝方の幸せが満ち足りたフロアへと変貌し、ミラーボールから反射するキラキラとした光が最高のシチュエーションを生み出す。ラストではMarvin & Guyが手掛ける吉田美奈子のエディット物の"Town"で日本語歌物ディスコで盛り上げ、そして自身のエモーショナルなテック系"The Invisible Eclipse"で夢から覚めるが如くパーティーの最後を最高の盛り上がりで締め括った。今回は2時間弱と普段よりは短めのプレイ時間だったが、アグレッシヴに攻めてタイトなプレイを聴かせてくれたと思う。

それ以降はパーティー序盤でプレイしたDJがブース内で代わる代わるB2Bで、テクノ色に完全に染め上げたプレイを1時間程続けてgroundrhythmは終了。やはりgroundrhythmは井上薫と言う国境と時代を超越し祝祭に染め上げるDJがその空気を創り出している事を再認識しつつ、ゲストによる現在のダンスミュージックのモードも体験出来るのが醍醐味なのだ。9年以上も続くレギュラーパーティーだけあって、流れる音もフロアの雰囲気も心から素晴らしいと思う。

■Kaoru Inoue - A Missing Myth(過去レビュー)
Kaoru Inoue - A Missing Myth
Amazonで詳しく見る


■The Backwoods - The Backwoods(過去レビュー)
The Backwoods - The Backwoods
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
| EVENT REPORT4 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 11:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック