<< The Orb Featuring Lee 'Scratch' Perry - The Orbserver In The Star House (Cooking Vinyl:COOKCD555) | main | Nathan Fake - Steam Days (Border Community:36BCCD) >>
Det & Ari - Honved Hassle EP (Editainment:TAIN 10)
Det & Ari - Honved Hassle EP

毎回各界の偉人や才人をネタにしたアーティスト名で作品をリリースしているEditainmentの新作は、ハンガリーの伝説的サッカー選手だそうなDetariをネタにしたDet & Ari名義でのEPとなる。言うまでもなく中の人はTiger & Woodsと同一人物と思われるが、収録トラックを聴けばそれも確信に変わるであろうバレアリックでディスコティックな音が詰まっている。とびっきりにファンキーなギターやシンセのネタをサンプリングしてループさせた"Lajos Jump"は、Fab G.の” Frenchy Frenzy"をネタにしているそうだがオリジナルを聴いたら確かに…と言うか、訴えられるレベルまでほぼ引用している。そこに隆盛を誇っていた頃のフレンチ・フィルター・ハウスを思わせる煌めきと鋭さを感じさせるフィルターをかけ、更には爆発力を上乗せしてブレイクも上手い具合に入れているので、誰がプレイしても大きな盛り上がりを作れるのは間違い無いだろう。裏面の"Butt You"はアフターアワーズ仕様のBPM遅めのバレアリック・ディスコで、これまた何かしらのネタを執拗に反復させて快楽を継続させ、ちょっとした変化を度々入れる事で曲調に上手くアクセントを付けている。曲としての構成はネタの再利用に単純な反復を用いると言う、自分では殆ど新しい音は生み出していない創造性が決して高いとは言えない音楽として見なされる懸念もあるが、しかし過去の遺産とサンプリングに愛があればこその素晴らしい再生方法とも思えてしまう。DJがツールとして使って盛り上がるのであれば、イリーガルな事も許容されてしまうクラブミュージックらしい作品だ。

試聴

Check "Tiger & Woods"
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2895
トラックバック