CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Theo Parrish - Any Other Styles (Sound Signature:SS045) | main | 醸し人九平次 純米吟醸 件の山田 >>
2012/10/27 WWW presents ”Ryoji Ikeda×Jeff Mills” @ WWW
世は何処も彼処もハロウィン・パーティー。いつの間にか日本にもそんな習慣が定着しておりますが、今年のハロウィンは全くハロウィンらしくない池田亮司(Ryoji Ikeda)やJeff Millsが出演するパーティーに行ってきました。ハロウィンだから派手に楽しく踊れるパーティーに行こうかと考えていたところ、運良くWWWの招待券が当たってしまったのと、Jeffがこの日の為に用意した"ONENESS"と言うセットを披露する事に興味を惹かれ、パーティー自体には期待と不安がありつつもWWWを選択したのです。
で実際に現地に到着すると異様な程の混み具合で、恐らく池田亮司を聴きに来たんだろうなと思われるリスナーが多数。池田亮司のライブが始まればもう身動きも出来ない程にフロアはパンパンになり、そしてスピーカーからは爆音にも近いグリッチ音や矩形波のようにビコビコしたエグい音、中低音が強調された鋭角的なリズムが定形を成す事なくランダムに出力され、そしてバーコードっぽい白黒の映像が音に合わせて緩急を付けながら変化していく。特に低音に至っては体がびりびりと痺れ空気が振動しているのが分かる位にどでかい圧力を発していて、ある意味暴力的ともとれる電子音響を感じさせました。ただ映像に関しては池田亮司と言うアーティストから想像が付くような数学や物理学を喚起させる数式や前述の振幅するバーコード、又はノイズまみれのパルスが音に合わせて変化するだけのもので、目新しさは既に感じられませんでした。終盤ではCarsten Nicolaiも加わってのライブになり、規則的なリズムも出てきたかと思いきや崩れ落ちたり、相変わらずの不鮮明なノイズや鋭角的なグリッチ音がびっしばっしと差し込まれ、終始刺激的で躍動感のある音楽を鳴らしていました。

ステージのセット変更を挟み、遂に宇宙人DJ・Jeff Millsが登場。幕が開けると何とステージの前方真ん中に高い柱が立っているではありませんか。そしてJeffはその柱の後ろで恐らくCDJかPCを使用し、音や映像を操作している模様…ってフロア側からは何をしているのか全く見えないのでよく分からないのです。宇宙服をイメージしたのか全身真っ白の繋ぎ作業服を着て、終始柱と睨めっこしているJeff。その柱の真ん中に小さな点が投影され、そして徐々に丸い円が大きくなるとJeffが制作したであろう銀座の町並みや宇宙空間、そしてSF的な映像が流れ出しました。音の方は恐らくCDJでこの日の為に用意した新曲や過去の曲も少しだけプレイしていましたが、ミステリアスなメロディーが反復する最近のJeff流スペース・テクノが大半でどうにもこうにも盛り上がりません。終盤でようやく音数も増やしリズムもハード目になるものの、やっぱりファンキーでトライバルなテクノは皆無で山無し谷無しの終始平べったい流れで単調でした。最後にはスクリーンに投影された映像が徐々に小さくなり、そして柱の中心に点として返って行ったところで音も切られて"ONENESS"セットは終了。恐らく全曲Jeffの曲で宇宙感を披露したのでしょうが、私がJeffに期待しているのはハードで過激なミックススタイルなので今日のプレイは本当に退屈でした。映像自体もネタは大して多くなく、同じ映像を何度も繰り返す流すだけのVJで新鮮味は皆無でした。白い作業服を着てずっと向かい合っていた姿もシュールにしか思えず、コンセプトであった"ONENESS"が意味するものも理解する事は出来ませんでした。

結局ハロウィンらしからぬ当パーティーは全く踊る事も出来ず、消化不良で踊りたい欲求のみ残ってしまい非常に残念。そしてJeff Mills、彼がやりたい事をやっているのは分からなくもないのですが、時代とリスナーからずれてきてしまっているように感じるのは私だけでしょうか。
| EVENT REPORT4 | 08:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 08:00 | - | - | |

コメント
これ行きたったけど、次の日仕事なので断念しました。池田亮司は単独公演は見ました。今回のライブもやはり無人でしたか?ジェフは2010年に地球に帰還した(という設定)時からもうファンではなくなりましたのでもう、何も期待しません。2006年のWIREでのプレイを見といてよかったです。あと、今回のライブだと、Kyokaさんもおススメですよ。
| ゾウィ | 2012/10/28 6:57 PM |
>ソウィさn
池田亮司は普通にPCに向き合ってライブしてましたよ。まあ元からそういう音だとは分かっていたので、可もなく不可もなくでしたが…

しかしJeffは本当にげんなり。ハードさも無く単調にミステリアスな曲だけを流し続けて、全く映像も音もバリエーションが無いし、一体どうしちゃったの?って感じでした。普通に色々なDJの曲を使用して昔みたいにガツガツしたミックスやれば良いのにと思いますが。。。
| マチュ | 2012/10/29 7:00 PM |
初めてコメントさせていただきます〜。
東京ではやはりハードじゃなかったんですね。大阪のCircusでは中盤からずっとBPM130超えで、90年代っぽいハードなミキシングでかなり踊れましたよ!
ラストはURとかX-102プレイしてました。
イベントに合わせてかなりDJセット変えてるのかなという印象ですね。
| DJ SULLIVAN | 2012/11/17 10:20 PM |
>DJ SULLIVANさん
大阪の行かれたんですね。東京のは"ONENESS"と言うセットだったから、普段と異なるコンセプトでやったのでしょうね。普通に色々な曲をファンキーにハードにかけてくれる方が好きなんで、今後は妙にコンセプトを打ち出した時は避けるようにするかもしれません。大阪のプレイ羨ましいです
| マチュ | 2012/11/18 4:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2907
トラックバック