CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Recloose - Don't Get Me Wrong EP (Delusions Of Grandeur:DOG 27) | main | Lil' Louis - Fable ( Gramaphone Records:GRAMAPHONE 001) >>
Slow To Speak - Classic House Grooves : Dope Jams, New York City (King Street Sounds:KSS 580)
Slow To Speak - Classic House Grooves : Dope Jams, New York City
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
昔からのハウスリスナーならば知らない者はいないだろう、かつて90年台にハウス・ミュージックの栄華を極めたKing Street Soundsは、EPにそのレーベル名さえ冠してあれば試聴せずとも手を出してしまう程に質の高さを誇っていたレーベルであった。KSSが当時のNYハウスを代表していたと言っても過言ではなく、このレーベルから作品を出す事がDJ/アーティストとしてトップへと昇る道の一つであった事も事実だ。しかし00年台以降NYハウスの人気の陰りと共にKSSの方向性も揺らぎつつ以前の華々しさは鳴りを潜めているわけだが、そんな空気を当然感じているアーティストは多いと思われる中でFrancis EnglehardtとPaul NickersonによるSlow To Speakは、現在のKSSに警報を鳴らし黄金時代であった頃のKSSを今に蘇らせる仕事を行った。膨大なカタログを所有するKSSからたった70分だけの時間で抜け漏れなく名曲を選び抜くのは当然不可能な事ではあるが、それでも尚ここに収録されている曲はそれぞれがクラシックと呼ばれる名曲であり、それぞれがNYハウスのサウンドを象徴している。現在主流となっているヨーロッパ産のディープ・ハウスの良さはシカゴやデトロイトのオールド・スクールに影響を受けながらも、それらを研磨し今の時代に合わせた洗練も伴っている物も多いが、このアルバムに収録されているハウスはそれらとは一線を画す汗をかき血がたぎる人間臭さを、ある意味ソウルフル過ぎてむさ苦しい程の感情を呼び起こす。愛のある歌が、涙を誘うメロディーが、多幸感を生み出すグルーヴが凝縮されたこれぞNYハウスの醍醐味が、怒涛の勢いで押し寄せてくるのだ。なんでもSlow To SpeakクルーがKSSが制作するMIXCDに納得出来なかった為、勝手にKSS音源をミックスしレーベルに持っていった所、KSSの公式MIXCDとして採用されてしまったそうだ。確かにKSSが生み出してきたレーベルショーケース的MIXCDの中でも、本作は最もKSSらしさが息衝いているようでNYハウスが最も熱かった時代の空気が封入されている。

試聴

Check "Slow To Speak"

Tracklistは続きで。
01. Monday Michiru - The Right Time (Jephte's Vokal)
02. Ananda Project - Glory Glory
03. Kerri Chandler - Coro
04. T.P.O - Hiroshi's Dub (Joe Claussell Bonus)
05. Mood II Swing - Closer (King Street Moody Club)
06. Danell Dixon - Dance, Dance
07. Gerideau - Take a Stand (Smack Rain Vibe Mix)
08. Mood II Swing - Sunlight in My Eyes
09. Big Moses feat. Kenny Bobien - Brighter Days
10. Ananda Project - Destination
11. Tears Of Velva - The Way I Feel (4 Daye Mix)
12. Bassmental feat. Charles McDougald - It's the Music
13. DJ Romain - All Day, All Night
14. Johnny Dangerous - Emerald City (Dangerous Club Mix)
15. Kerri Chandler - Harder Gets Higher
16. Carolyn Harding - Pick it Up (Overload Dub)
17. Urban Soul - What Do I Gotta Do (Eric Kupper Club Mix)
18. Ananda Project - Straight Magic (Wamdue Kids Jazz Mix)
19. Ananda Project - Cascades Of Colour (Wamdue Black Mix)
| HOUSE8 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2915
トラックバック