CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Ben Klock - Fabric 66 (Fabric Records:fabric131) | main | Aurora Acoustic - Harmony of the Spheres (Seeds And Ground:SAGCD029) >>
沖縄 中乃湯温泉
中乃湯温泉1

先日沖縄に旅行に行ってきたのですが、温泉好きな私としては例え沖縄に行ったとしても地元民が入るような温泉に興味を抱くもの。実は前々から新聞やネット情報で沖縄にもローカルな温泉がある事を掴んでいたので、沖縄に行った際には必ずその温泉に行こうと思っていたのですが、今回ようやく念願叶ったりで天然温泉が湧く共同浴場である中乃湯に行く事が出来ました。道に迷いつつなんとか中乃湯に着くと、入り口には常連のおばあちゃん達は居るのですが店主の人が居ないなぁ…と困っていると、おばあちゃん達が取り敢えず入浴して帰る時にお金払えば良いよと促してくれました。このローカルなアバウト感が沖縄風と言うか、人情味のある対応にほっとしますね。
中乃湯温泉2

おばあちゃん達に促されて中に入ると靴置きやロッカーや棚があるのですが、ロッカーには鍵が付いておりません。しかし全く問題は無し、何故ならばロッカーがある脱衣所と浴室に仕切りは無く一体型の浴場となっているのです。

中乃湯温泉3

脱衣所からそのまま見える浴室には、真ん中に白い浴槽があり両脇にはカランが備え付けられています。シンプルを極めたこの風呂のスタイル、何も足さない、何も引かない、楕円形の浴槽とカランのみと風呂に入るだけならばこれで十分と言える設備には、ある意味で潔ささえ感じられました。早速カランからの湯で全身の汗を流し、静かに温泉が湧き出している浴槽に飛び込むと…あっつぅぅぅぅ!と叫んでしまった程に浴槽内の湯が熱く、入るのに少々戸惑ってしまいました。しかし折角沖縄の温泉にまで来て入らないのも悔しいので、意を決して浴槽に身を沈めれば刺激のある熱さもまた心地良し。少々ヌルヌルした泉質でしたが、ネット情報などによればアルカリ性鉱泉なんだとか。温度が熱いせいか顔からドバドバと汗が吹き出すも、肌に滑らかな質感がとても良い感じでした。ちなみに緑色になっているのは入浴剤をわざわざ入れている影響らしいですが、温泉なのに入浴剤…ちょっと謎ですね。

中乃湯温泉4

カランには二股のホースが装着されていて、自分でお湯と水をバランス良く混合して出せるようになっていました。この手動によるアナログ感、都会ではまず見かけないであろうローファイな工夫が成されている事にも感嘆を覚え、技術が発達し過ぎた先進世界からのギャップにも人間臭さを感じて心が和みました。こういう時代から取り残された味と言う物はお金では買える物ではないし、いつまでも残って欲しい文化だと常々感じます。そんな感傷に浸りつつ浴場を出ると店主が待っていたので、入浴料の350円を手渡し気持ち良く帰路に就く事が出来ました。

HP:中乃湯
住所:沖縄県沖縄市安慶田1
電話番号:098-937-8953
営業時間:15:00-21:30
休業日:水曜日・日曜日
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
久しぶり!沖縄行ってたんだね。
しかもまた、渋い温泉探し出しますなぁ。

都心近郊でのお薦め温泉レビュー、待ってます。
| morisy | 2012/11/11 10:34 PM |
>morisy
よっ、久しぶり。個人的に行った訳じゃないけれど
短い時間の中で色々行けて楽しかったよ。

都内の温泉も何処かいいところ見つけたら紹介するわ〜
| マチュ | 2012/11/12 8:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック