CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 仙禽 かねせん 純米吟醸 山廃仕込み 無ろ過原酒 | main | Sadar Bahar Presents Soul In The Hole (BBE Records:BBE165CCD) >>
FOOG - Can (Plaza In Crowd:PICCD-009)
FOOG - Can
Amazonで詳しく見る

東京在住の無名の新人アーティストと言う触れ込みで活動していたFoog。当初から福富幸宏の変名である事は知れ渡っていたが、明らかに本人名義とは異なるテクノ/ハウスを強く意識した作風には驚きを隠せなかった。その後本人名義でのアルバムリリースもあったせいかFoog名義での活躍に終止符を打ったのかと思っていたところ、前作から4年半ぶりとなる3rdアルバムが到着した。正直に言えば2ndアルバムの時点でFoog名義ではそれ以降はないと、つまりはその時点で完成形となったと思い込んでいたのだが、この新作を聴いてその思い込みは間違いであった事を痛感した。ダンスフロアを強く意識しミニマルやジャーマンテクノに寄り添った快楽に向かっていた以前までの音はFoogの特徴となっていたのだが、更にこの新作では深化と呼ぶべきスタイリッシュで知的な要素を今まで以上に持ち込んだ作風となっている。幾何学的に重ねられるシンセの層や正確無比に刻まれるスムースなリズムは完全に福富氏の支配下におかれ、揺ぎない造形美となって都会的な夜のラグジュアリーな空気を醸し出している。かつてFoogに感じられたギラギラとしたエグい要素は滑らかに研磨され、より柔らかにより優しい音色を無駄なく編み込みながら、実にセクシーでうっとりとする色気のある夜の世界を生み出しているのだ。一聴して随分と落ち着いた音楽には聞こえるのだが、福富氏のダンスとリスニングの絶妙な線上を行き来するバランス感覚により、ゆったりとしながらも包容力のあるハウシーなグルーヴの浮揚感が快楽的だ。重い音圧やスピード感ある勢いで誤魔化さずに繊細な音が丁寧に編み込こまれた華麗さが、テックハウスの真価を発揮した素晴らしいアルバムとなっている。

Check "Yukihiro Fukutomi"
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2934
トラックバック