<< Jorge Caiado - Beyond The Atlantic (Balance Recordings:BL14) | main | 2012/11/24 Mixmaster Morris Japan Tour 2012 "NEWSUN " @ OPPA-LA >>
2012/11/23 TIMEWARP feat. BRAWTHER @ Eleven
DJ Alex From TokyoとTR含むTimewarpクルーが最新のサウンド&ビジュアルをショウケースを展開するパーティー"Timewarp"も2012年では3回目の開催となりましたが、今回のゲストはディープ・ハウスシーンで注目を浴びているフランスからの新鋭Brawther。BalanceやSecretsundazeなど重要なハウスレーベルの目に止まりリリースに至っているのですが、DJでの来日は今回で2回目だそうで初めて聴くBrawtherのプレイに期待して遊びに行ってきました。
終電間際にクラブに入るとラウンジは風船のデコレーションで装飾されていて、メインフロアでは後方に3人のVJが陣取りフロア前方に普段とは少々異なるカッコイイ映像を流していて、音楽だけではない見た目にもパーティーのウキウキを感じ取れる趣向にTimewarpのパーティーに対する意気込みが伺えました。DJブースにはRyo WatanabeとTRが入っていてB2Bでプレイしていたようですが、比較的テクノ〜テックハウス中心に上げ目の選曲。突如Joris Voornの"Sweep The Floor"を投下したりしてプチ上げで、真夜中のピークタイムへと繋ぐプレイをしていました。

その後は1時間程Alex From TokyoがDJをしたのですが、体全体を揺らしながら魂を込めるようにDJをするその姿勢には見てる方も楽しくなって、プレイそのものの良さとは別に気分も高まりますね。そして、この時間帯から既にディスコやエレクトロハウスにディープ・ハウスなど何でも有りの選曲で、良い意味で派手で感情を強く揺さぶる事に長けたDJなのだと思います。

Alexがフロアを十分に盛り上げて真夜中のピークタイムになり、ようやくBwartherが登場。どんなプレイを披露するのか予想が付かなかったのですが、蓋を開けてみればピークタイムに合わせてしまったのか彼の作風からはちょっと離れてしまった硬めのハウスを中心としたアッパーなセットでした。彼が手掛けるトラックはBPMもそれ程早くなくアトモスフェリックでメロウなディープ・ハウスが多いので、パーティーでも低空飛行を続けながらじわじわと上げていくプレイを期待していたのですが、ゲストで迎えられている事もあったりして上げる事を重視したのかもしれないですね。曲自体は跳ねるグルーヴ感とパーカッシヴな硬いリズム帯に仄かにメロウなメロディーが被さったハウス中心で、ちょっと一本調子なところもありつつテクノとハウスの中間位に位置するプレイでした。ミドルスクール世代のハウスの味がありながらも優等生的に洗練されたクールなプレイだったので、もう少々熱く感情を打ち出して幅を持たせた選曲を聴けたらなと思います。最後に自身の変名であるParis Underground Trax名義の"Sexy Thing (Remix)"が聴けたのは嬉しかったです。

とBrawtherに対しての心残りを解消するように、Alexの2度目のセットを聴く事に。AlexがDJブースに入るとフロアの空気もふっと和んで、Alexの陽気な気分が満ちるようでした。客も主宰者側もジャンルや世代の壁を取っ払って楽しい時間を共有する事がクラブでのパーティーの在り方だと思いますが、Alexがプレイしている時間帯はそれが特に強く感じられます。本人が音に合わせて体を揺さぶりハイになった表情を浮かべているのだから、客側だってそれにつられて気分が高揚するってものでしょう。クールなBrawtherに対しAlexは非常に汗臭く、そして血が沸騰する熱さを感じさせどんな曲でさえも心に響かせるのです。テクノやハウスにミニマルで攻めつつも歌物による感情の揺さぶりをかけ、中盤でのURの"Transition"にはガツンとやられました。お洒落なフランスのDJと言う印象を覆すように、確かに曲に対する審美眼は保ちつつも崇高で形式張るのではなく何でも良い曲なら使用するプレイは、大胆なストーリー性があって心底楽しく踊れました。そして朝方になるとファンクやディスコにポップスなどのクラシックタイムへと突入し、Marvin & Guyの"Town"のキラキラとした日本語ディスコのエディット物を投下するなど、クラブの朝方の醍醐味が炸裂。普段家ではディスコ等を聴く事は多くないけれど、クラブでのピークタイムで踊り疲れた朝方へと移り変わる流れではディスコやポップスが思いの外気持ち良く鳴るんですね。また友達の話では島田奈美の"Sunshower (Larry Levan Remix)"もプレイしたそうで、Alexのプレイでは歌物が重要なアクセントとなっている気もします。そんな風に温かくリラックスした朝方を迎えて、パーティー感をしっかり打ち出した一夜は素敵なヴァイブスに包まれて終了。素晴らしいDJやVJにクルー、そして素晴らしいパーティーピープルが集まるTimewarpは、これこそ真夜中の饗宴である"パーティー"と言うものを体現していますよ。

■DJ Alex From Tokyo - Mi Mix(過去レビュー)
DJ Alex From Tokyo-Mi Mix
Amazonで詳しく見る


■DJ Alex From Tokyo - Shibuya Flavas(過去レビュー)
DJ Alex From Tokyo-Shibuya Flavas
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT4 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 11:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2939
トラックバック