CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2013/3/15 Guidance 〜導き導かれる人生〜 × Iori Wakasa First Vinyl EP Release Tour in Tokyo @ Air | main | Only 4 U : The Sound Of Cajmere & Cajual Records 1992-2012 (Strut Records:STRUT 100CD) >>
Pepe Bradock - Imbroglios Part 3 (Atavisme:ATA014)
Pepe Bradock - Imbroglios Part 3

4作目までを予定としている"Imbroglios"シリーズの3作目がリリースされている。最近になって知ったのだがこの"Imbroglios"シリーズは、どうやら架空のサウンドトラックをPepe Bradockがリミックスしたと言うコンセプトがあるそうだ。まあそれを知っていようと作品に対する評価には影響しないのだが、しかしそれを知った後で本作を聴くとなるほどなと気付く点もある。それが例えば"The Naked Shrink"に顕著に表れていて、ここでは既成のダンストラックのフォーマットは解体されサンプリングや効果音を駆使した音のコラージュと呼ぶべき世界が広がっており、確かにこれは映画の一場面を描写するサウンドトラック的な意味合いもあるだろう。勿論"Men Vs Dust"なんかは如何にもPepeらしい独特なコズミックシンセと幽玄なシンセストリングスを用いて気品があり 跳ねて捻じれたスウィング感には強烈な個性を感じるディープ・ハウスなトラックもある。シャッフルしキレのあるリズム感と控え目に叙情的なメロディーが奥で鳴っている"Dropping The Ball"は、生っぽく荒々しいトーンを前面に出した黒くてファンキーなハウスでもある。そう言ったダンストラックでさえ奇妙でトリッピーな音使いはやはりコラージュ的であり、陳腐な説明で申し訳ないのだがやはりPepeからは変態系ハウスと言う印象を受けるのだ。しかしこれだけ作品が溜まっているなら、アルバムとしてリリースしてくれても良い気がするのだが。

試聴

Check "Pepe Bradock"
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/2997
トラックバック