CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Transit Kings - Token EP (Malicious Damage Records:MD602) | main | Solid Gold Playaz - Alone (Kanzleramt:KA120CD) >>
Kenji Takimi - SESSIONS VOL.2”THE DJ AT THE GATES OF DAWN-DANCESTONELIVE-” (Musicmine:IDCH-1009)
Kenji Takimi-SESSIONS VOL.2”THE DJ AT THE GATES OF DAWN-DANCESTONELIVE-”
Amazonで詳しく見る

瀧見憲司、CRUE-L RECORDSの主宰者でありアンダーグランウンドなハウスDJ、否ダンスミュージックDJとして人気を博しています。なんて言いつつもまだDJプレイは未体験、彼のユニット:CRUE-L GRAND ORCHESTRAのバレアリックなチルアウトアルバムがお気に入りな僕です。じゃあDJの方はどうよって感じで、ヤフーオークションでお安く購入。まずトラックリストを拝見すると…お〜殆どの曲知らないぞ。Doc MartinとかDJ Garthのアメリカ西海岸ハウス位しかわかんね〜。幕開けはディスコっぽいけど、すぐに前半は適度にあげつつトライバル風のハウスの連続。時折ニューウェーブを感じさせる古臭いボーカル物を入れたり、流行のディスコダブでずぶずぶと沈めてくれる。ところが中盤以降はぐちゃぐちゃになっちゃって、テックハウスやディスコダブ、ディスコ、なんだかわからん物が規則性無しに並んでいる。DJMIXと言う物は大抵スタイルと言う物があるのだろうけど、この人のDJMIXには無国籍を感じる。一体どこの国の音楽なんだろう?東南アジアの危険な香りがするとも言えるがそれだけでは無いし、アメリカ西海岸の清涼な景色も思い浮かべられる。だが後半ではどこかの民族の怪しい呪術を聞かせられてもいる様な…。彼のDJMIXにはその呪術に依って、決して忘れる事が出来ず虜となってしまい何度も聴きたくなる様な魅力がある。スタイルを破壊して無国籍の音楽、つまりハウスミュージックでは無くダンスミュージックを創造している。僕自身はジャンルがばらばらなMIXCDは受け止め方が難しいけれど、そんな事はどうでも良くなってしまう。瀧見憲司のセンスが僕の心をロックした。

Check "Kenji Takimi"

Tracklistは続きで。
1.Fire(The Underneath)
2.Now we Iustre(Tones On Tail)
3.Discorobot(Rob’s no ears dub)(Freaks)
4.We were there(118 street mix)(Saro&Black)
5.Get with dis groove(S.W.A.T.)
6.Assault on sanctuary(The Cult)
7.Got to be real(Force of Nature’s 2years waited remix)(Librodisia)
8.The Motive(The Mephisto Odyssey)
9.Duality(Nector)
10.Drum spell(Big200)
11.Silly sally(Sweet Smoke)
12.Turntable turbulance(Idjut Boys)
13.Reflection(Bulb)
14.Miura(Metro Area)
15.Cleopatra in newyork(Madrid de los austrias remix)(Nickodemus)
16.Snakes and ladder(Original)(Sly Mongoose)
17.Lack of dub(Doc Martin and Tony Hewitt)
18.Urchestral Maneuvers(Ray Mang)
19.Interstella overdrive(Rosebud)
20.Trash(Disco theme)(Peter Black(Maxfactor))
21.Anthem 1(Dj Garth and Markie Mark)
22.Say goodbye(Losoul{she’s homeless}mix)(Khan feat.Julee Cruise)
23.Fire(The Underneath)
| HOUSE1 | 22:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - | |

コメント
そういえば瀧見憲司のDJって結局1回も聴いた事が無い気がする。
インディーレーベルを10年以上維持して、定期的にヒット曲も出して
っていう活動はなかなかほかができていないから凄いと思う。

でも本人を間近で見た感想は…「実写版ルパン三世」…。
| katt.jp | 2005/06/20 10:48 PM |
>katt.jpさん
僕も生ではまだ未体験ですけど、マニアックな
方面で評判は上々みたいですね?
なかなか行きたいと思うパーティーに参加しないので
いつまで経っても聴く機会がないのが実状です。
| マチュ | 2005/06/22 9:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/301
トラックバック