CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Space Dimension Controller - Welcome To Mikrosector-50 (R & S Records:RS1303CD) | main | 2013/3/29 Maktub @ Air >>
Shawn Rudiman - Uplink (Applied Rhythmic Technology:ART 12)
Shawn Rudiman - Uplink
Amazonで詳しく見る(MP3)

絶好調にUKテクノ街道を突き進むKirk Degiorgio主宰のApplied Rhythmic Technologyの新作は、デトロイトの中堅どころのベテランであるShawn Rudimanによる作品だ。Rudimanと言えばTechnoir Audioや7th Cityなどデトロイトのレーベルから控え目にピュアな印象のあるデトロイト・テクノを量産しているが、まだまだ日本に於いてはマイナーと言う印象は拭えない。しかしまだ知らない人は、ARTからのお墨付きを貰ったと言う点からも注目しておいて損はない筈だ。"Uplink"は勿論デトロイト・テクノらしく煌めきのあるシンセをふんだんに取り込んだエモーショナルなテクノだが、ARTらしい洗練され都会的な空気も含むAIテクノ的な側面も持っている。そうでありながら、ピュンピュンとコズミックな音色が飛びかう中を疾走感のあるリズムが脈打ち、しっかりとフロアを揺らす事の出来る骨太さもあるのだ。またリミキサーにはFrank MullerとJohn Selwayが起用されいるが、どちらもオリジナルのデトロイトらしさに経緯を払ったリミックスを披露している。Mullerによるリミックスは奥行きを出す事で壮大な演出を伴いながら、全体にがっちりとした重厚感を身に付けメロディアスかつハードさもあるピークタイム仕様になっている。元々ハードミニマルからトランスまで得意としているSelwayはなんと2バージョンも提供をしているが、意識も融解する陶酔感のあるパッドを用いた上で大箱向けのハードなグルーヴを鳴らしている。計4バージョン、傾倒としてはどれも似通っておりもう少々バリエーションは欲しかったところだが、作品としてはしっかりとフロアを意識しておりド派手にぶちかませるだろう。

試聴

Check "Shawn Rudiman"
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3029
トラックバック