CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Fripp & Eno - The Equatorial Stars (Discipline Global Mobile:DGM0550) | main | Underworld - Dubnobasswithmyheadman (Junior Boy's Own:JBOCD1) >>
Underworld - Everything Everything DVD (V2 Music:V2BI1001)
Underworld-Everything Everything
Amazonで詳しく見る

ロックダイナミズム!!なんて躍動感に溢れ、興奮の坩堝に陥れる素晴らしいライブなんだろう。このDVDを見てそう思った。テクノのライブでですよ?すげーですよ、数万人がテクノのライブで踊り狂ってますぜ?僕も初年度エレクトラグライドに行ってUnderworldを体験してきたけど、その比じゃないです(個人的に言えばエレグラでのライブはダメダメでしたので、裏のRichie Hawtinで踊ってましたけど)。

Underworldと言えばロック小僧さえもテクノに引き寄せ、テクノの黄金時代を築いたユニットの一つであります。代表する作品としてアンダーグラウンドで大ヒットした1stアルバム「Dubnobasswithmyheadman」、レイブで馬鹿受けした「REZ」、トレインスポッティングのテーマ曲?でもある「Born Slippy Nuxx」などがあり、テクノを聴く者はみな通過しているある意味洗礼的扱いです。カールハイド、リックスミス、そしてダレンエマーソンの3人によってUnderworldは奇跡的な活動を行ってきました。惜しむらくはUnderworldのクラブミュージックとしての音作りを担当していたであろうダレンが脱退してしまい、その後はいまいちぱっとしないユニットになってしまいました。僕が初年度エレグラで体験したライブはダレン脱退後であったためか、いまいち乗り切れずまた会場の音の悪さも伴い最悪の印象だったのが懐かしいです(REZをやならかったのもこれまた最悪)。でもこの3人が揃ったDVDを見てUnderworldはやっぱり凄かったんだと再認識しました。リックとダレンは終始機材をいじくって、カールは意味もなくクネクネ踊るだけ。それなのに何万と言うファンが一同に熱狂し、これはもはやロックのライブじゃないかと思いました。「Born Slippy Nuxx」のあのシンセリフが炸裂した瞬間、大勢のファンが手を一斉に挙げ歓喜する。そして最高の高揚感溢れる「REZ」では、快楽に抗う事の無意味さを知る。テンションを落とす事なく完璧なライブを、最高の映像と共に体験出来るこのDVDは一見の価値ありです。(何て言いつつも最近中古で安かったので、買いました)

CD盤「Everything Everything」
DVD「Everything Everything」(リージョン1。リージョン解除出来る人はこちらの方が安くてお得です)

Check "Underworld"
| TECHNO2 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
このDVDは、自分も持ってますけど、最高ですね!!
これを買った時は、まだテクノのレイヴやイベントに行ってなかった頃でして…
初めてテクノのレイヴを目の当たりにし、DVDなのに実際に行ったかの様な錯覚を起こし、鳥肌がたった事を今でも覚えていますよ^^
| Hide | 2005/06/29 8:10 PM |
>Hideさん
テクノのライブDVDとかって多分生でみないと
あまり面白くないんだろうけど、これは凄いですね!
今までCDしか持ってなかったけど、早くDVDも
買っておけば良かったと思う位でした。
| マチュ | 2005/07/01 10:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック