<< Vakula & Kuniyuki - Session North #1 (Soundofspeed:sosr 011) | main | Ron Trent - Raw Footage (Electric Blue:ELECTRIC BLUE 001CD) >>
DJ Sprinkles - Where Dancefloors Stand Still (Mule Musiq:mmcd41)
DJ Sprinkles - Where Dancefloors Stand Still
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
稀にしか出会う事の出来ない物憂げで感傷的なハウス・ミックス、言葉が詰まる程に胸を締め付ける。NYやシカゴのハウスの様式美に倣う一方で、伝統から外れたエクスペリメンタルな電子音楽への可能性を見出し、日本在住にして世界から称賛を浴びるTerre Thaemlitzは、またの名をDJ Sprinklesとしても活躍している。この名義では初のミックスを手掛けたのだが、ダンスフロアが停止してしまう場所と題されたタイトルは日本の風営法に対しての彼なりの気持ちが込められているそうだ。選曲はと言うと近年のディープ・ハウスと共に半分程度は90年代のUSハウスが占めており、基本的に流行や俗世的な要素を切り捨て世捨て人としてダンスフロアを俯瞰する姿勢が感じられる。実際に彼のプレイをダンスフロアで聴いた時にはナルシズムが強調された官能と甘酸っぱさに満ちたハウスセットだったのだが、本作ではそんな要素を含みつつも穏やかな感情が波打つある種ホームリスニング向けにも最適化されたミックスとなっている。多くは汗をかくような事も意識がクラクラとする事もない沈静化した展開で、あくまで水平構造を保ちながら美しくも枯れ果てた余韻が伸びていく。ナルシストな性格が奇遇にも好転したのか彼自身のルーツを披露すると同時に、時代を越えるクラシックな美しいハウスが心を落ち着ける安定剤として作用しているのだ。消える事のない陶酔感、満ち溢れるアンビエンス、そして中盤から後半にかけては自然と体が踊りだしてしまう展開も少々あるが、意識的な心を持って音に耳を傾けて欲しい。ダンスフロアにはかくも優しく感情を包み込む瞬間がある。

試聴

Check "Terre Thaemlitz"

Tracklistは続きで。
01. Braxton Holmes - 12 Inches Of Pleasure (Ron's Foreplay)
02. Alex Danilov - Deep S
03. Sound Mechanix - I Can't Forget
04. The Rhythm Slaves - The Light You Will See (Trentemoller's Deep Dub Mix)
05. Lectroluv - If We Try (Ambient Dub)
06. Manoo & Francois A - The Deep
07. Classic Man - Rapid Winds (75 MPH Mix)
08. Understars - Forestfunk I (No Damkkb Mix)
09. Gene Farris - Good Feeling
10. The Rude Awakening - The Dip (5AMDipsco Mix)
11. MyMy - Everybody's Talkin' (Original Mix)
12. Choo-ables - Hard To Get (BT's Massive Groove)
13. Fingers Inc. - Never No More Lonely
14. Keys & Tronics Ensemble - Calypso Of House (Paradise Version)
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3040
トラックバック