<< Ron Trent - Raw Footage (Electric Blue:ELECTRIC BLUE 001CD) | main | 2013/3/15 Guidance 〜導き導かれる人生〜 × Iori Wakasa First Vinyl EP Release Tour in Tokyo @ Air >>
千里眼
千里眼1

二郎インスパイアとして最高峰との評価を得ていて前々から気になっていた店が千里眼だ。二郎直系店の異常なる増殖の一方、二郎に魅了された者が二郎インスパイアとして二郎を忠実に継承する店や、または二郎の魂を受け継ぎつつ個性を磨いていく店が全国へと勢力を広げているが、千里眼はどうやらその後者にあたる店らしい。その店独自の個性を磨きをかけた二郎系でしかも評判が高いと聞けば、それはどうしたって胸が高まってしまうものだ。千里眼は豚が特に評判が良いので豚をいっぱい食べたいと思い、豚ラーメン(850円)でトッピングはニンニク・アブラ・辛揚げで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
やる夫2

千里眼2

どぉんっっっっっっっ!!!!

やる夫3

うぼぼぼぼぼ、野菜増しでもないのに豪快な野菜の盛りにはくどそうなアブラがたっぷりと絡み、その麓には大きく分厚い豚が3枚も!赤い玉はこの店独自の辛揚げと呼ばれる辛く味付けされた揚げ玉だ。見た目からしてジャンク度が高くて濃厚な味と言うのが伝わってくる。

千里眼3

スープは野菜や豚肉に隠れて見えないのだが、レンゲで掬ってみると十分に乳化して濁っており、そしてかなりドロドロとした状態から豚のアブラや野菜のエキスが濃厚に凝縮されているのが感じられた。一口飲んでみると確かにこってりした豚骨の味が前面に出ているが、二郎のようなカネシ醤油の辛さはそれ程感じる事もなく、野菜の甘味と共にクリーミーな味わいが非常に美味い。野菜はほぼもやしで占められているが、それにスープをたっぷり掛けて食べればこれはもうご馳走だ。細かく刻まれたニンニクも絡めると、尖った生辛さも加わって刺激的なマリアージュとなり箸が止まらない。

千里眼4

そしてある程度野菜と平らげたところで恒例の天地返しをすると、麺と豚がようやくその全貌を露わにする。バラ肉がロール状となった豚は分厚さも面積も脂の乗りも全てが規格外だが、しかし一旦口の中へと放り込めばトゥルントゥルンとした溶けるような食感に驚くだろう。この柔らかさとジューシーな肉の旨味、二郎をも凌駕した出来栄えだ。そして麺は四角く打たれた中太縮れ麺だが、こちらも噛むと顎をギュムギュムと跳ね返すような強烈なコシに驚愕した。コシがあるのか硬いのか微妙なところではあるが、確かに個性を尖りに尖らせたと言う意味では成功と言えるだろう。そして麺を食すうちに辛揚げもスープに溶け込みながら徐々に程良い辛味も増し、麺はたっぷりとスープを吸い上げて濃厚な豚骨味を体験する事が可能となる。二郎インスパイアでありながら、その全てが二郎を良い方向へとバージョンアップさせ、その上個性も打ち出した千里眼。確かに評判が上々なのも納得と言うべき店だ。

HP:千里眼
住所:東京都目黒区駒場4-6-8
電話番号:03-3481-5773
営業時間:火〜土:11:30-14:30 17:00-22:00 日・祝:11:30-14:30 17:00-21:00
休業日:月曜日
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3046
トラックバック