CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 電気グルーヴ - 人間と動物 (Ki/oon Music:KSCL 2200〜1) | main | Walt J - Reflection Selections (Fit Sound:FIT/WALT J-04) >>
Henrik Schwarz - Take Words In Return (Watergate Records:WGVINYL010)
Henrik Schwarz - Take Words In Return
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
リミックスワークにおいては常に数多のアーティストから引っ張りダコであるHenrik Schwarzなのですっかり忘れてはいたが、自身のソロ活動としては暫く新作をリリースしていなかった。本作は実に3年ぶりとなる久しぶりのオリジナル作品なので注目を浴びるのは当然として、その上Carl Craigがリミキサーに起用されたと言う事では買い逃しは厳禁にならざるを得ない。Schwarz自身がボーカルも務める"Return Version"では、その悩ましげな暗い歌と共に異国情緒を匂わせるどす黒いサイケデリアが渦巻くディープ・ハウスを披露しており、軽目の酩酊が何処までも継続する。ピークタイムに持って行く迄にずぶずぶと泥臭い深みに嵌めるタイプの曲で、Schwarzらしい覚醒感はあるが比較的落ち着きのあるトラックだ。その一方でやはり才能を大爆発させたのが"C2 Vocal Rmx"を提供したCarl Craigで、キレのあるハイハットや精密に打たれる4つ打ちのファットなキックなどリズムトラックで洗練へと向かいつつ、ギラついた輝きを見せるシンセや未来的なインテリジェンスも感じさせるサウンドを被せて、エレクトロニックへと向かいながらも情緒豊かなデトロイト・テクノへと見事に昇華させている。やっている事はいつもそれ程変わらないのに、一聴してC2の音だと判断がつくその個性は貫禄さえ漂わせている。レコードは重量盤かつホワイト盤で存在感もバッチリなので、やはりアナログで所有するのがベターだろうが、配信ではトラックに特化した歌無しの"C2 Inst Rmx"も収録されている。

試聴

Check "Henrik Schwarz"
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3047
トラックバック