<< Underworld - Everything Everything DVD (V2 Music:V2BI1001) | main | Ken Ishii-Interpretations For Ken Ishii Future In Light Remixed (Exceptional:EXLPCD0405) >>
Underworld - Dubnobasswithmyheadman (Junior Boy's Own:JBOCD1)
Underworld-Dubnobasswithmyheadman
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
昨日の続きでUnderworldな訳ですが、テクノの聞き始めに僕も聴いてました。その頃は「Born Slippy」や2ndアルバム「Second Toughest In The Infants」で注目され始めた頃でした。僕も2ndアルバムを買って聴いていたのですが評判程良くなかったので、その後今回紹介する1stアルバムを買いました。あれ?1stと2ndは全然違うじゃん?1stの方が全然良いじゃんかよと、ずっぽりはまっていました。今なら断言出来ますがぶっちゃけ1stアルバムだけ買えばUnderworldは済むと思います。むしろメジャー化し過度の装飾を持ち派手派手になった2nd以降は、余り興味を示さなくなっていきました。

僕が1stを好きな理由はニューウェーブ色濃厚の廃退的な音と、覚醒的で冷たいトランシーなメロディーがストレートな4つ打ちで表現されているからです。対照的に2nd以降はロックシーンでの評判も考慮したのかどうかは謎ですが、分かりやすい展開にとにかくド派手な音が表に出て来ています(Born Slippy、Pearls Girl、King Of Snakeなど)。それはそれで悪くはないんだろうけど僕はテクノが好きなのであり、ちょっと違うなぁと言う感じがありました。1stは現在聴いても派手さは抑えめなのに何度聴いても飽きない陶酔感に、アンダーグラウンド精神に溢れたテクノ音って言うのがあるんですね。深い深海を潜水艦で身を潜めつつ進んでいる時の様な深い音。音に柔らかみがありトランシーな音の最大限の反復に依って、徐々に快楽の頂点に向かわせられるのです。アルバムの中で最高の陶酔感を持った「Dark & Long 」、ファンキーなパーカッション使いの「Mmm Skyscraper I Love You 」、トランシー&メランコリーな「Dirty Epic」、毒気付いた「Cowgirl」など至高の名曲が収録。Underworldの最初で最後の頂点がここにあります。テクノ史上の一大金字塔でしょう。

Check "Underworld"
| TECHNO2 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(3) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
1stはとにかくクールですよね!
私が初めて買ったテクノの輸入盤がこれでした。
発売してすぐレコード屋に買いに走って、聴きまくってましたよ。
"Cowgirl" 今でも大好きです。
| びびんば | 2005/06/24 12:02 AM |
>びびんばさん
初めてのテクノの輸入盤がこれなんて、目の付け所が
素晴らしいですね!
今でもこれは良く聴くアルバムだし、自分の音楽性に
影響をもたらした一枚でもあります。
ダレン脱退が非常に残念であります
| マチュ | 2005/06/25 11:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/305
トラックバック
PVなど (2)
続けて, ますます古いのですが, Underworldの「rez」のPVを. U...
| diversion+on+on | 2005/06/27 5:26 AM |
Dubnobasswithmyheadman : Underworld
Underworld Dubnobasswithmyheadman Underworldを知ったのは爆発的にヒットしたBorn Slippy を聴いてからです。その前後にリリースされた弐番目のタフガキ からいろいろと聴きかじったんだけど、今までリリースされた彼らのアルバムの中ではこれが一番好
| Yokohama Beat Junkie | 2006/06/28 11:58 PM |
アンダーワールド『Dubnobasswithmyheadman』
ロック通を気取るのに最適なアイテム、それは王道ロック作品ではなく、ロックから少し離れた距離にある、できればインディー系のアルバムではないでしょうか。 Underworldのアルバム『Dubnobasswithmyheadman(ダブノーベースウィズマイヘッドマン)』。1993年発表。
| ROCK野郎のロックなブログ | 2007/05/08 1:20 PM |