<< 2013/3/29 Maktub @ Air | main | 2013/3/31 日本オシロサービス -桜祭り- @ OATH >>
DJ Yogurt - 1970's Jamaican Dub Mix (Upset Recordings:UPSET24MIXCD)
DJ Yogurt - 1970s Jamaican Dub Mix

これまでにも数々のライブミックスを、そしてテクノやハウスのみならずR&Bやジャズ、アンビエントまで多岐に渡り自身の音楽観として披露してきたDJ Yogurt。そんな彼による最新のDJMIXは70年代ジャマイカダブに焦点を当てているのだが、クラブでは様々なジャンルの音楽をプレイする中にダブも普通に織り交ぜているのだから、意外と言うわけでもなくようやくリリースされたミックスと言える。本作では事前にプレイするレコードのBPMを測定し、流れを把握する事で敢えてピチコンを全く使用しないでミックスし、尚且つマスタリングも最小限に施す事でアナログらしさをそのまま表現したかったそうだ。そんな制作もあってか音質自体も非常にラフで、微かなノイズ混じりな音さえも耳に優しくすっと入り込んでくるアナログの良さが生きている。ホーンやカッティングギターは層になった残響を響かせながら、ディレイやリヴァーブによる重力から解放された浮遊感、そして立体的な奥行きのある音響を生み出しているが、この和やかな緩みはある意味ではチルアウト/アンビエントにも通じるものがあるのではないだろうか。緊張感の無いリラックスした音の飛びは快適、いや快楽的でもあるし、スペーシーなSEも入ったトラックがプレイされる箇所に於けるふざけたようなトリップ感覚は完全にチルアウトだ。シチュエーションとしては蒸し暑い真夏の屋外で聴くのがぴったりで、気怠いメロウネスに包まれながら穏やかなダブに耳を傾けたい。

試聴

Check "DJ Yogurt"
| ETC3 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3059
トラックバック